dolphin-dance.cocolog-nifty.com > 70~80年代のジャズコンサートのチケット

Miles_davis1973_0619

Miles_davis1973_0619

マイルス・デイビス 1973 東京厚生年金会館。 
縦辺が長めの、やや大きめのチケット。眼光鋭きマイルスが写っている。「九重奏団」の文字があるが、、、 
メンバー:Miles Davis (tp, org), Dave Liebman (ss, ts, fl), Pete Cosey (el-g, per), Reggie Lucas (el-g), Michael Henderson (el-b), Al Foster (ds), & Mtume (per) 
・・・アレッ 7人ですよね? 
1964年の初来日以来、2度目の来日だった。コルトレーンは既に他界していた。ジャズシーンを牽引する帝王マイルスを生で見られるということで、ジャズファンは興奮した。
エレクトリックな怒涛の16ビート大音響サウンド。座って弾く巨体のギタリスト、ピート・コージーの異様な姿など、視覚的にも十分に強烈だった。 
コンサート終了後、会場を後にするマイルスを間近で見たい、あわよくばサインをもらおうと、無理とは思いつつも、裏口で待ち受けた。。数十分経ったろうか。 来た! マイルスがアル・フォスターと連れ立って出てきた。何とも高貴というか、近寄りがたいオーラが発散されている。待ち受けていた数人のファンは呆然と固まってしまっていた。ハイヤーに乗り込もうとするマイルス。その直前に思い切って、近親の女性を促した。女性がそろそろっと遠慮がちにコンサートのパンフレットとペンを差し出した。アル・フォスターがそれに気付き、マイルスに手渡してくれた。マイルスはそれにサインをした! 心優しいアル・フォスターの笑顔があった。高鳴る鼓動を抑えることができなかった。 
マイルスは、私にとって、今でも一番かっこいい男です。

| トップページ |