70年代ジャズ喫茶のマッチ箱

  • Byg_20170811
    ジャズ喫茶ではないものや80年以降なども混ざっていますが、ご容赦ください。

70~80年代のジャズコンサートのチケット

  • Yamashita_yosuke_montreux_afterglow_1976
    1970年代~80年代中頃のジャズ、フュージョンのコンサートのチケットです。

70年代~80年代初頭のロックコンサートのチケット

  • Led_zeppelin_1972_1003
    1970年代~80年代初頭のロックコンサートのチケットです。 説明文に間違いがあったらご容赦ください。

JAZZ CLUB タローの1974-1977 ライブ・スケジュール表

  • Jazz_club_taro_1977_03
    昔、新宿歌舞伎町にあったJAZZ CLUB タローの1974-1977 ライブ・スケジュール表です。1975年のみコンプリートです。

JAZZ CLUB PIT-INNの1974-1977 ライブ・スケジュール表

  • Pitinn_1977_02
    JAZZ CLUB PIT-INNの1974-1977 ライブ・スケジュール表です。どの年もコンプリートではありませんが。

70年代中央線沿いライブハウスのスケジュール表

  • Aketa_1977_01
    70年代半ば、中央線沿いライブハウスのスケジュール表です。少しだけですが。
2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

« 練習2014 No.32 2014.12.14(日) | トップページ | 練習2014 No.33 2014.12.21(日) »

学校の先生

おれは学校の先生だ。
中学校か高校か良くわからないが、クラス担任をしている教師だ。

今、学年の行事が行われている。
何の行事かわからないが、生徒の父母も参加している重要なイベントだ。

集まった人々の記念写真を撮影しておくべきだが、カメラマンはいない。
おれが撮影しなけらばならないだろう。
おれは、クラスの生徒やその父母を一箇所に集めて、スマホを取り出した。

スマホのカメラで撮影しようとするが、どうもカメラの調子がおかしい。
スマホが暴走している。
ズーム機能を使って構図を決めるわけだが、どういじっても画面の半分ほど欠如してしまい、被写体の全員が画面に収まらない。

おれが四苦八苦しているうちに、待ちくたびれた生徒たちはしびれを切らし始めた。
「ヨコチン」というあだ名の天パー・リージェントの生徒とその仲間が席を立ち、どこかへ消えた。

その間もおれはスマホと奮闘しているが、相変わらずスマホは暴走している。
しばらくすると「ヨコチン」とその仲間が戻ってきた。

おれは、自分が彼らを撮影しようと一所懸命になっているのに、「ヨコチン」が席を立ったことが理不尽に思えて我慢ならない。
おれはぶち切れた。
「こら、おまえらどこに行っていたんだ!ふざけるのもいいかげんにせえや!アホ!ボケ!」
関西弁を混ぜて怒鳴るおれを見て、生徒たちはポカンとしている。

待て。
威張って怒鳴ることが目的ではない。撮影することが目的だ。
おれはさらにスマホとの奮闘を続けた。
しかし、スマホはなかなか直らない。
困ったものだ。これ以上待たせるわけにはいかない。どうすればよいのだ。
スマホから目を上げると、いつのまにか生徒やその父母は消えていた。

おれは、結局撮影ができなかったこと、感情的になって生徒を怒鳴ってしまったことを情けなく思う。
教師失格だ。

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆
午前5時半覚醒。
教師になったのは初めてだったが、やはりおれには先生は務まらないようだ。


★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜

« 練習2014 No.32 2014.12.14(日) | トップページ | 練習2014 No.33 2014.12.21(日) »

夢日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 練習2014 No.32 2014.12.14(日) | トップページ | 練習2014 No.33 2014.12.21(日) »

★ライブの予定

  • ☆ライブ予定
    11月25日(土)16時半より  クマガイヨウコ手織り展「冬への贈りもの」   亞茶風見にて鎌倉、由比ヶガ浜にて演奏します  場所:ジャック&豆の木    鎌倉駅西口出て御成通り方面から徒歩6分  住所:鎌倉市由比ガ浜2丁目 4-39 松田屋本店ビル1F  入場無料です
無料ブログはココログ

最近のトラックバック