70年代ジャズ喫茶のマッチ箱

  • Dig
    ジャズ喫茶ではないものや80年以降なども混ざっていますが、ご容赦ください。

70~80年代のジャズコンサートのチケット

  • Yamashita_yosuke_montreux_afterglow_1976
    1970年代~80年代中頃のジャズ、フュージョンのコンサートのチケットです。

70年代~80年代初頭のロックコンサートのチケット

  • Led_zeppelin_1972_1003
    1970年代~80年代初頭のロックコンサートのチケットです。 説明文に間違いがあったらご容赦ください。

JAZZ CLUB タローの1974-1977 ライブ・スケジュール表

  • Jazz_club_taro_1977_03
    昔、新宿歌舞伎町にあったJAZZ CLUB タローの1974-1977 ライブ・スケジュール表です。1975年のみコンプリートです。

JAZZ CLUB PIT-INNの1974-1977 ライブ・スケジュール表

  • Pitinn_1977_02
    JAZZ CLUB PIT-INNの1974-1977 ライブ・スケジュール表です。どの年もコンプリートではありませんが。

70年代中央線沿いライブハウスのスケジュール表

  • Aketa_1977_01
    70年代半ば、中央線沿いライブハウスのスケジュール表です。少しだけですが。
2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

« 「夜桜地蔵」と「武蔵まほろば」 | トップページ | 練習2014 No.30 2014.11.24(月) »

ジャズ喫茶マッチ箱の会 2014.11.24

「東京ジャズメモリー」等の著者であるシュート・アローさんからご案内をいただき、「ジャズ喫茶マッチ箱の会」というイベントに行ってきました。
Photo

場所は吉祥寺のジャズ喫茶「meg」
久しぶりの吉祥寺。駅も何だか変わったような気がする。
megを訪れるのはもう何十年ぶりくらいになるだろう。
そもそもジャズ喫茶に足を運ぶことがなくなってしまってかなりの年月が経つ。
って、大体ジャズ喫茶がめっきり少なくなってしまったのだから、しょうがないよなあ。

店に入ると、往年の、いや現役でもあるジャズファンで思しき人々でほぼ満席。
店内は、昔よく来ていた頃とは、スピーカの配置ほか、かなり変わっていました。
現在の赤色を取り入れた室内の配色は、昔のmegの印象が未だに残っている私にはちょっと馴染みにくいという感じがしないでもありません。
しかし、流石に音は正にジャズそのもので素晴らしい。
普段イヤホンや小さなスピーカで聴くジャズとはまるで別物。
「これがジャズだ!」と言わんばかりの迫力で響きます。

主催のシュート・アローさんは、筋金入りのマッチコレクター。
ジャズ喫茶の様々なマッチをスクリーンに映して、それにまつわるうんちくやエピソードを語り、さらには関連する曲をかけたりしながら、進行しました。

以下、イベントのほんの一部を紹介させていただきます。

Imag1011_1
↑DIG・・・ロールキャベツで有名な「アカシア」の3階にあった老舗のジャズ喫茶。
1961年開業。うーむ、そんな昔にオープンしたのでしたか。1983年1月に閉店したようです。
さて、上のDIGのマッチ、一見、私の持っているものと同じように見えるが、実は違うのでした。
答えは下の写真で分かります。
Imag1012

なるほど、最初に紹介されたマッチ(右側)は初期のものであり、その後に変更されたマッチ(左側)はロゴデザインが少し違うのです。
変更されたマッチ(左側)が私の見慣れたデザインでもあります。
変更されたマッチのデザインは、イラストレーターの和田誠さんのデザインによるものとのことです。
比べて見ると、やはり変更されたものは、モダンで洗練されていて、シャープな印象ですね。

店名「DIG」はマイルスのアルバム「DIG」に由来するものでもあります。
それでは、聴いてみましょう↓
Imag1013

DIGと来れば、姉妹店DUGですね。
1975年頃のDUG店内↓ 賑わっていますね。
Imag1014


このイベントの行われたジャズ喫茶「meg」は1968年開業。
当初のマッチはこんなだったんですね↓ 知りませんでした。レトロ感が漂います。
Imag1015

で、megも下のようなマッチ箱の時代を経て・・・、現在はどうなのでしょう?
残念なことに、「無い」とのことでした。
まあ、ジャズ喫茶に限らず、マッチ箱を置いている喫茶店というのも今は数少なくなってしまっていますね。
Imag1016

Imag1017


現在営業中のジャズ喫茶も紹介されました↓

渋谷から中野新橋に移転したジニアス
Imag1018


橋の下(赤坂見附)
Imag1019

ナルシス(新宿)。私は、うむ、新宿なのに、行ったことがない。
これは行かんといかん、かな。
Imag1020

八王子は新規オープンのジャズ喫茶が増えているそうです↓
Imag1021


以下、私は行ったことはあるけれど、今はない店のマッチです。初めて見た、初期の頃の、実にレトロなマッチ↓
Imag1022

Imag1023


最後は、参加者の方がご自慢のマッチが披露され、2時間以上にわたるイベントは終了しました。
当時の懐かしいジャズ喫茶やマッチ箱のお話を聴けて、楽しい時間を過ごさせていただきました。

第2回ジャズ喫茶マッチ箱の会は、来年2月か3月にも開催されるそうです。
興味のある方は参加されると面白いと思います。


★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜

« 「夜桜地蔵」と「武蔵まほろば」 | トップページ | 練習2014 No.30 2014.11.24(月) »

ジャズ喫茶」カテゴリの記事

コメント

Jazz喫茶のマッチはやっぱりみんなデザインがこってるわ
キンタポンさんのようにマッチを集めている人が結構いるんだな
八王子であたらしいマッチ集められるね
楽しみなことです

放浪人さん
うんちゃ、凝ってますよね。
たかが小さなマッチ箱ですけれど、シンプルだったり、あるいは趣向をこらしたデザインだったり、さりげなく主張が込められていたり、お店の個性が表われますよね。
あの頃はやはりジャズ喫茶にマッチ箱は必須アイテムだったような気がします^^

沢山集めている方がいましたよ。立派なアルバムにしたり。
私はもはやコレクターとは言えないのですが、たまには行ってみたいと思いましたね。
ただ、いかんせん近くにないから、なかなか・・・

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 「夜桜地蔵」と「武蔵まほろば」 | トップページ | 練習2014 No.30 2014.11.24(月) »

★ライブの予定

  • ライブ・・・
    ★8月5日(土)18時半スタート 狭山市入間川七夕まつり バンド名は「亞茶風見」です! 場所:入間川七夕まつり広場ステージ 交通:西武新宿線 狭山市駅 時間:亞茶風見の演奏は18:30~18:55の予定ですが前後する可能性があります。 メンバー:藤ともこ(三線,ウクレレ,Vo)、田中(Guitar)、渡辺(Violin)、私(Drums)、 ★8月20日(日)14時スタート すみだストリートジャズフェスティバル 8/18~20に行われる墨田区ひとつになる音楽イベント。 場所:VIBAR(ビーバー)押上駅前 東京スカイツリー東交差点 住所:東京都墨田区押上1-15-10 ヤユキビル 3F 時間:ROSSAの演奏は14:00~14:40の予定ですが30分ほど前後する可能性があります。メンバー:田中(Guitar)、渡辺(Violin)、私(Drums)
無料ブログはココログ

最近のトラックバック