70年代ジャズ喫茶のマッチ箱

  • Dig
    ジャズ喫茶ではないものや80年以降なども混ざっていますが、ご容赦ください。

70~80年代のジャズコンサートのチケット

  • Yamashita_yosuke_montreux_afterglow_1976
    1970年代~80年代中頃のジャズ、フュージョンのコンサートのチケットです。

70年代~80年代初頭のロックコンサートのチケット

  • Led_zeppelin_1972_1003
    1970年代~80年代初頭のロックコンサートのチケットです。 説明文に間違いがあったらご容赦ください。

JAZZ CLUB タローの1974-1977 ライブ・スケジュール表

  • Jazz_club_taro_1977_03
    昔、新宿歌舞伎町にあったJAZZ CLUB タローの1974-1977 ライブ・スケジュール表です。1975年のみコンプリートです。

JAZZ CLUB PIT-INNの1974-1977 ライブ・スケジュール表

  • Pitinn_1977_02
    JAZZ CLUB PIT-INNの1974-1977 ライブ・スケジュール表です。どの年もコンプリートではありませんが。

70年代中央線沿いライブハウスのスケジュール表

  • Aketa_1977_01
    70年代半ば、中央線沿いライブハウスのスケジュール表です。少しだけですが。
2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

昔の音源

  • Woman I'm Tryin' 198X rec.
  • 楽園 198X rec.
  • 下町の女(ひと)198X rec.
  • Windows_1976_rec.
  • Spain 1976 rec.

« 2014年5月 | トップページ | 2014年7月 »

2014年6月

練習2014 No.15 2014.6.29(日)

2014年6月29日(日) ホール 19:00~

午後3:30頃から猛烈な大雨。
大雨洪水警報。
ゲリラ豪雨というやつか。

こんな時に裸になって外に飛び出し、雨に打たれたら、シャワーを浴びた気分になれるだろうか。
「おお、神よ!降り注ぐ恵みの雨よ!」
冷えて風邪ひくかな。
その前に通報されるか。
その前に落雷を受けて倒れているか。

30分ほどで小降りになったが、その後も降ったり止んだりの空模様。
公民館に向かう道路が、何じゃこりゃあ、あちこちで大渋滞。
大雨の影響だろう。

11月1日に本多公民館でライブを開催することになった。
今回は歌や合唱のコラボも予定している。
大分先だが、その時にする曲ほかを練習した。

1.アメイジング・グレイス(3/4バージョン)
2.島唄
3.蘇州夜曲
4.朝もや
5.時の回廊
6.星に願いを


【メモ】
左中指は相変わらず。
6月ももうすぐ終わり。
今年の折り返し点か。
早いな。。

あ、そう言えば、ちと古い話題だけど、サッカーのワールドカップ。
日本は予選敗退でした。
ザンネンでした。
ザックさん、お疲れ様でした。

まあ、勝ち抜くチームは、速い、上手い、強い、で、
柔軟な対応力があるのじゃないかなという気がする。


夕食:夢庵にて季節の天丼みそ汁セット。


★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜

水色のアジサイ 2014.6.27

公園のアジサイ。
咲き始めた頃はうすい緑がかった白色だったが、今はほぼ水色になった。
この色彩の変化が、移り気といった花言葉の由来のようだけれど、この変化がいい感じ。

Imag0974

★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜

LIVE鑑賞 NO TRUNKS 2014-06-21

オズワルドさんのコンサートを聴き終えた後、ガストで夕食をとり、その足で国立へ。

国立 NO TRUNKS。約三年ぶり。
サックス氏のお師匠さんである松風鉱一さんのカルテット。
20時頃から2セット。
Imag0966


Imag0968

ジャズのライブはかなり久しぶりだった。
ビート感、タイム感が複雑で、テンション高くスリリング。
エモーショナルかつクールで素晴らしい演奏だった。

客の中に酔っ払い女が一名おり。強烈だった><
アドリブソロの演奏中にやたら声を上げる。1曲に何十回?
「イエッ~」から始まり、「オ~」「ア~ハッハッ」
次は何が出るかと思いきや
「セクシ~」
しまいには「天才!」のかけ声。
他の客の冷ややかな視線も意に介することなく、いやはや紙一重の唯我独尊ぶり><
ま、楽しんでるようなんでそれはいいけんだけどね・・・幸せな人だわ><
これもライブならではの醍醐味か^^


★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜

LIVE鑑賞 N'zassa Music サマーライブ 2014-06-21

2014年6月21日(土)15:30頃~ 本多公民館

以前、国立のハーバーライトでたまたま隣席していたコートジボワール出身のパーカッショニスト,オスワルド・コアメさんのコンサート。
主催は、特定非営利活動法人 KPSZホッとライン

バラエティに富んだ内容で面白かった。
身近な日用品なども楽器として音楽に取り込もうという発想は楽しい。
オズワルドさんの、ユーモアがあり、飾らない性格が良く表われていた。
オズワルドさんを含むバンドの演奏も素晴らしかった。

▼プログラム
Img_0003
Img_0004


↓代表の挨拶
Imag0940

↓リズムに合わせて杵をつく?
Imag0944

↓逆さに置いた自転車のペダルを回す。後輪軸から出るカチカチ音。
徐々にその音の間隔は延び、そして止まる。
Imag0947

↓大きなダンボール箱を叩く。良い音!
Imag0950

↓ベビーカー。これを引きながら、音楽に合わせてリズミカルに後輪を床に当てて音を出す。
Imag0952

↓本場二人のパーカッション合戦。すげえ!土着日本人は絶対真似できません。
Imag0955

↓アフリカンダンス
Imag0957

↓なぜかフラダンサーも登場
Imag0958

↓子どもたちもダンス
Imag0961

↓「オエコモバ」ならぬ「オモテナシ」^^
Imag0962

↓さあ、みんな立って踊りましょう!
Imag0964

最後は「ほたるのひかり」^^
ステージにどうぞというお誘いにのって、私らもパーカッションを携えステージへ。

ってな感じで2時間半くらいの楽しいコンサートは終わったのでした。


★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜

シェーカーを作ってみよう 2014.6.21

シェーカーというのは、ふりふりしてシャカシャカ音を出すパーカッションの一種。
ちゃんとした楽器として色々なものが売っているけれど、おいらは持っていない。
別に立派な音が出なくてもいいので、とりあえず作ってみることにした。

【用意するもの】
1.ヤクルトの容器2個。
別にヤクルトじゃなくて、ジュース缶でも何でもいいのだが、ヤクルトの容器の材質感が良さそうなので、今回はこれにしてみた。
なお、蓋の銀紙がくっついたままである必要はない。というより、銀紙は剥がして製作すること。
2.ビーズ。100均で売っている。丸小という小さいサイズを買ってみた。これ、ほんとちっちゃいわ。
3.布テープ。これも100均で購入した。100均のは品質が良くないけどね。
Imag0935

【作り方】
説明するほどのことはない。
ビーズを容器に入れ(一袋約10gを使用した。)、二つの容器の口部を突き合わせ、布テープを巻いてくっつければよい。

【完成図】
布テープがしわしわなのね^^直径が変化しているのでしょうがないのだ。
一応最初に幅細のテープを巻き付けてから、その上に若干幅広のテープで二重に固定してある。
Imag0937


【使い方】
砂時計と同じである。
ビーズが下の容器に落ちたら、上下をひっくり返す。この動作を反復する。
これは、約0.1秒の砂時計なので、超俊敏な動作が要求される。
あ、冗談よしこさん。
ほんとは水平にして持ち、前後に振るのだ。
シャカシャカシャカシャカ♪ けっこういい音がする^^
音の強弱、音の長さ・・・綺麗な音で正確なリズムを奏でるのけっこう難しい。
まじにやると筋肉痛になりそう。

【バリエーション】
ビーズが一袋余ったので、違う容器で作ってみた。
めかぶの容器を使用した。
口部のフランジ同士を突き合わせてボンドでくっつけた。
ボンドが乾かないうちにふりふりしたので、容器の内側にはみ出ていたボンドにビーズが少しくっついてしまった><
音はやや低めでシマリがちょっとない感じ。ヤクルトの方がそれらしい音がすると思う。
めかぶの容器はやや柔軟なので、もっと硬質なプリンの容器の方がよかったかもしれない^^
Imag0939


★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜


練習2014 No.14 2014.6.15(日)

2014年6月15日(日) 視聴覚室 18:30~

暑い日だった。真夏の陽気。

新曲ほかを軽く練習しました。

1.Gentle Rain (ボサノバ)
2.ノルウェーの森
3.万葉の風

【メモ】
左中指は相変わらずで、強く手を握れない。
よって、ギターを弾けない。
って、もともと弾けないわっ><


夕食:夢庵にて若鶏照りマヨ丼みそ汁セット。あ、前回と同じだ><


★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜

ライブ鑑賞 2014.6.8 ROSSA at giee

ROSSAさんが国分寺のライブハウスに出演するとのこと、練習は中止とし、メンバーと聴きに行きました。
久しぶりにライブ演奏を楽しませていただきました♪

↓「音楽の翼」と銘打たれた二つのバンドのセット
Imag0914

↓第一部はフラメンコギターの多村謙一さんのユニット。
複雑なフラメンコのリズムを難なく演奏しておりました。
みなさん息の合った良い演奏でした。
Imag0915


↓第二部はROSSAさん。
「風」の語をタイトルに含むオリジナル曲を中心に演奏されました。
これまたピタリと息の合った演奏で、流石でした。
Imag0917

↓最後にROSSAさんの名曲フェリアフェスタを合奏。
笛さんも客席から飛び入り参加。
Imag0918

Imag0919


演奏終了後、しばし歓談し、帰途についたのであった。

★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・

タイサンボク 2014.6.3

今朝、公園にて。
花の直径は20cmくらいもあろうか。でかい!
さすが、アメリカ産じゃ。

以下、Wikiより引用。

タイサンボク(泰山木、大山木、学名:Magnolia grandiflora)とはモクレン科の常緑高木。

北米中南部原産。花期は5~7月頃。葉の表面には光沢があり、裏面は毛が密生しており錆び色に見える。日本では公園樹としてよく植栽される。放置すると樹高20m以上にもなるが、よく分枝して剪定にも耐えるため、庭木として植えるところも多い。
タイサンボクはアメリカ合衆国南部を象徴する花木とされ、ミシシッピ州とルイジアナ州の州花に指定されている[1]。ミシシッピ州は、州内にタイサンボクが多いことから、タイサンボクの州 (Magnolia State) という愛称がある。また、ミシシッピ州の州の木である。


Imag0912


Imag0913


★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜

練習2014 No.13 2014.5.31(土)

2014年5月31日(土) 視聴覚室 18:30~

先週の新緑祭りのコンサートは諸事情により欠場となり、
今のところライブの予定はなく、
というわけで、新曲を軽く練習しました。

1.Gentle Rain (ボサノバ)
2.ノルウェーの森

【メモ】
左手を握ったり開いたりすると中指が痛む。2週間以上経つ。どうも腱鞘炎っぽい。
右手首が腱鞘炎になったのは、38年前だった><
あのときは、湿布をしたり、鍼に通ったりして1ヶ月くらいで治った。

使わないようにすることが一番のようだが、手を握る動作は日常どうしても避けられない。
湿布をしたりしているが、あまり変わらない感じだ。
多少時間はかかってもいいから治って欲しい。


夕食:夢庵にて若鶏照りマヨ丼みそ汁セット。


★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜

« 2014年5月 | トップページ | 2014年7月 »

★ライブの予定

  • ライブ・・・
    ★8月5日(土)18時半スタート 狭山市入間川七夕まつり バンド名は「亞茶風見」です! 場所:入間川七夕まつり広場ステージ 交通:西武新宿線 狭山市駅 時間:亞茶風見の演奏は18:30~18:55の予定ですが前後する可能性があります。 メンバー:藤ともこ(三線,ウクレレ,Vo)、田中(Guitar)、渡辺(Violin)、私(Drums)、 ★8月20日(日)14時スタート すみだストリートジャズフェスティバル 8/18~20に行われる墨田区ひとつになる音楽イベント。 場所:VIBAR(ビーバー)押上駅前 東京スカイツリー東交差点 住所:東京都墨田区押上1-15-10 ヤユキビル 3F 時間:ROSSAの演奏は14:00~14:40の予定ですが30分ほど前後する可能性があります。メンバー:田中(Guitar)、渡辺(Violin)、私(Drums)
無料ブログはココログ

最近のトラックバック