70年代ジャズ喫茶のマッチ箱

  • Dig
    ジャズ喫茶ではないものや80年以降なども混ざっていますが、ご容赦ください。

70~80年代のジャズコンサートのチケット

  • Yamashita_yosuke_montreux_afterglow_1976
    1970年代~80年代中頃のジャズ、フュージョンのコンサートのチケットです。

70年代~80年代初頭のロックコンサートのチケット

  • Led_zeppelin_1972_1003
    1970年代~80年代初頭のロックコンサートのチケットです。 説明文に間違いがあったらご容赦ください。

JAZZ CLUB タローの1974-1977 ライブ・スケジュール表

  • Jazz_club_taro_1977_03
    昔、新宿歌舞伎町にあったJAZZ CLUB タローの1974-1977 ライブ・スケジュール表です。1975年のみコンプリートです。

JAZZ CLUB PIT-INNの1974-1977 ライブ・スケジュール表

  • Pitinn_1977_02
    JAZZ CLUB PIT-INNの1974-1977 ライブ・スケジュール表です。どの年もコンプリートではありませんが。

70年代中央線沿いライブハウスのスケジュール表

  • Aketa_1977_01
    70年代半ば、中央線沿いライブハウスのスケジュール表です。少しだけですが。
2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

« テンナンショウ属 | トップページ | 練習2014 No.11 2014.5.11(日) »

エスペランサがやってきた!

おいらは、ドラムもどきを叩くけれど、コンガもボンゴもジャンベもまともに叩いたことがない。
よって、叩けない。
大分前にカホンを買って喜んだけれど、三日坊主でその後叩いていない。

大体、楽器を手で引っぱたくってえのは野蛮じゃないかと思っていた節がある。
しかし、よく考えてみると、棒でひっぱたく方がはるかに野蛮かもしれない。
まあ、いずれにせよ、担当:パーカッションが聞いて呆れる。

先日の練習の時、バンドの笛さんがボンゴを買ったと、持ってきた。
ボンゴは脚の間に挟んで叩く小さな打楽器だ。

それを見たらおいらも欲しくなってきた。
音もいいし、何しろ小さめなのがいい。
保管スペースもとらず、持ち運びも楽そうだ。

よっしゃあ!
買うことにした。久しぶりの楽器購入だぜ。
ここで、普通なら楽器屋に行って、実際に触ってみたりして気にいったものを選ぶのだろうけれど、多分どれがいいのか分からずに悩みそうだ。

それに、また三日坊主で終わるようだといかんし、オークションで安いものを狙うことにした。
合言葉は、
「一に値段、二に値段、三四がなくて、五に値段」・・・カホンのときと同じやんけ。

最初は3千円くらいを予定していたが、さすがにその値段だとなかなかない。
結局、木目の感じがなかなかいいやつを、送料を含めて5千円弱で入手した。
新品でも入門的なミニボンゴはもっと安いのもあるようだったのだが。
まるでカホン購入のときと同じパターンを繰り返しているワタシ。


「ヘーイ、オマタセ~!」
ボンゴねえちゃんが、日本郵便のおじさんに抱えられてやってきた。
なぜ、ねえちゃんなのかって?
前回は、カホン’野郎’だったから、今回はねえちゃんなのだよ。

早速、箱を開ける。
ほお、清楚で理知的な雰囲気も漂うなかなかのべっぴんさんでっせ。
「ナイストゥミーチュー、ヘイ、ベイビー、気に入ったぜ!よろしくな!」
Imag0902_2

Imag0903_2

ラベルには、KIKUTANIの名前と、MADE IN TAIWANの記載がある。
ボンゴのブランドとしては、LP、MEINL、TOCA、パールなどが有名どころなのだが、KIKUTANIというのは知らない。

調べてみると、キクタニミュージックは愛知県の尾張旭市にあり、楽器及び楽器関連商品等の輸出入、及び販売を事業としている会社だった。
様々な楽器類と幅広く取り扱っているようだ。
創立1928年4月、設立1948年4月というから、パール楽器製造よりも古い会社だった。

台湾生まれ、日本育ちのラティーナってわけだ。一体どんなやつやねん!

やってきたボンゴは叩き込まれた様子はまったくない。ふふ、うぶな娘なのよ。
皮は、特に小さい方などはざらざらしている。こんなものなのかな。
でも、なかなかがっしりした造りではあり、音も悪くないと思う。

金属部分に少しサビが出ていたので、分解して磨くことにした。
早速ボルトを緩め、皮を外す。
Imag0905_2

Imag0906_2

Imag0907_2

うーむ、かなり粗い作りだ。外見は綺麗なんだけど、性格は良くない、じゃいかんぜよ。
胴の内面をパテを使って整えたり、エッジ(皮に接する部分)も軽くサンドペーパーをかけることにした。
ってなわけでそんな作業をし終えた状態がこれだ↓。
Imag0908_3

仮組み立てしてみたら、何だかよろしくない。
ボルトが硬くてあまり締められず、音もボコボコだ。ボコボコボンゴ~♪・・・
ヘッドとエッジのなじみも良くないような感じだ。

で、ボルトに再度注油し、また、張りすぎて皮が破けたらまずいので、皮の、胴に接する部分にハンドクリームを少し塗ってみた。ハンドクリーム?うんちゃ、手に優しいんだから多分OKでしょ。

明日にでも、本組み立てしようと思っている。

ちょっといじくったので、いや、エステしてやったので、音が変化するかもしれない。
以前よりヘボい音にならないことを祈っている。

あ、ボンゴねえちゃんに名前をつけときました。
「エスペランサ南野」

どこのマンションじゃ!happy02


★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜

« テンナンショウ属 | トップページ | 練習2014 No.11 2014.5.11(日) »

楽器・器材」カテゴリの記事

コメント

キーちゃんってひょっとして
なんのなんの
南野陽子ねえさんのファンだったりして

楽器を大切にする人はここまで手をかけるんだ
おそれいりました
いい音になるといいね

アハ、いましたね、陽子ちゃん。
南野まんじゅう、大好物。めちゃ旨いのなんのなんの。そんなまんじゅう、ないわっ!
ま、付き合ってくれって言われたら、考えてみるかな。ぶっ

丁寧に作られた楽器なら手をつけないのですが、何しろ作りが雑なので、ちょっといじくりぃ。
抜けるような音は出てませんが、こんなのもありかなみたいな感じです。
ま、お遊びで楽しめれば◎ですね。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« テンナンショウ属 | トップページ | 練習2014 No.11 2014.5.11(日) »

★ライブの予定

  • ライブ・・・
    ★8月5日(土)18時半スタート 狭山市入間川七夕まつり バンド名は「亞茶風見」です! 場所:入間川七夕まつり広場ステージ 交通:西武新宿線 狭山市駅 時間:亞茶風見の演奏は18:30~18:55の予定ですが前後する可能性があります。 メンバー:藤ともこ(三線,ウクレレ,Vo)、田中(Guitar)、渡辺(Violin)、私(Drums)、 ★8月20日(日)14時スタート すみだストリートジャズフェスティバル 8/18~20に行われる墨田区ひとつになる音楽イベント。 場所:VIBAR(ビーバー)押上駅前 東京スカイツリー東交差点 住所:東京都墨田区押上1-15-10 ヤユキビル 3F 時間:ROSSAの演奏は14:00~14:40の予定ですが30分ほど前後する可能性があります。メンバー:田中(Guitar)、渡辺(Violin)、私(Drums)
無料ブログはココログ

最近のトラックバック