70年代ジャズ喫茶のマッチ箱

  • Byg_20170811
    ジャズ喫茶ではないものや80年以降なども混ざっていますが、ご容赦ください。

70~80年代のジャズコンサートのチケット

  • Yamashita_yosuke_montreux_afterglow_1976
    1970年代~80年代中頃のジャズ、フュージョンのコンサートのチケットです。

70年代~80年代初頭のロックコンサートのチケット

  • Led_zeppelin_1972_1003
    1970年代~80年代初頭のロックコンサートのチケットです。 説明文に間違いがあったらご容赦ください。

JAZZ CLUB タローの1974-1977 ライブ・スケジュール表

  • Jazz_club_taro_1977_03
    昔、新宿歌舞伎町にあったJAZZ CLUB タローの1974-1977 ライブ・スケジュール表です。1975年のみコンプリートです。

JAZZ CLUB PIT-INNの1974-1977 ライブ・スケジュール表

  • Pitinn_1977_02
    JAZZ CLUB PIT-INNの1974-1977 ライブ・スケジュール表です。どの年もコンプリートではありませんが。

70年代中央線沿いライブハウスのスケジュール表

  • Aketa_1977_01
    70年代半ば、中央線沿いライブハウスのスケジュール表です。少しだけですが。
2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

« 2014年1月 | トップページ | 2014年3月 »

2014年2月

リハ(いずみ春の祭典)2014.2.22(土)

2014年2月22日(土) いずみホール
ホール入り 13:30
Bホール 14:38~
Aホール 15:20~

来週の土曜日の本番を控えてのリハーサル。
本番が行われるAホールは音が良く響き、よく聴こえた。
けれど、自分の音も良く聴こえ過ぎみたいな感じがして、音量のバランスなどに気がとられる。
集中力がイマイチで手も滑らかに動かず、・・・でした。

本番はリハと違い、音がデッドになるだろう。
ステージへの機材運び、セッティングで忙しいが、慌てずに演奏に集中しよう。

曲:
・朝もや
・七月の記憶
・島唄


★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜

練習2014 No.5 2014.2.16(日)

2014年2月16日(日) 音楽室 14:00~

前回は大雪のため中止だった。
今回も金曜日に大雪が降ったが、二日続けて雪かきをして何とか車を出した。

笛さんがピアニカを持参した。和音も出るとは知らなかった。
ちょっとアコーディオンのような音色もする。
鍵盤に慣れていると何でもさらっと弾けてしまうのだなあ。
バンドのサウンドもバラエティが広がりそうだ。

練習曲:
・朝もや
・七月の記憶
・島唄
・スイートメモリーズ

【メモ】
来週の土曜日は春の祭典のゲネプロ。


★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜

またも記録的な大雪 2014.2.14(金)

2月14日(金)
夕方には降雪が本格化した。
電車が止まるとまずいので、早めに仕事場を出る。
電車はいつもより混んでいて、遅れ気味だ。
午後8時頃下車すると、そこはまるで降雪地帯だった。
同じ電車を降りた、ブーツを履いた女の子が真新しい雪面に歩みを進めてはしゃいでいる。
「楽しそうだね」
こんなに喜んでくれる子がいるならば、雪の方も降った甲斐があるってものだろう。

雪はどんどんと降り積もっていく。
さすがに車も走っていない。
新雪に靴をズボズボと潜らせながら、家路につく。

マイファニーバレンタイン♪
by チョット米菓
今日はチョコレートの日だけれど、おせんべいやあられがよく似合う日でもある。


2月15日(土)
朝方、雪は小雨に変わったが、雪は夜中じゅう降り続けたのだろう。
30cm以上、雪が積もっていた。
水分を含んだ雪は重い。前回よりも雪かきはきつい。
また背中を痛めてはいけないので、雪かきは1時間程度に収めたが、汗びっしょりになった。

昨夜夜半、中央線下りは運転を見合わせのため、国分寺在住のT氏は三鷹駅で始発電車までの間、足止めを喰らったそうだ。


2月16日(日)晴れ
降り積もった雪はまだまだ残っているが、徐々に融け始めてもいる。
ドスン、ドスンと、あちこちで屋根から雪の塊が落ちる音が聴こえる。

今日はバンドの練習日だ。
練習は夜から昼間へと変更になった。
車を車庫から出せるだろうか。
自信はないが、雪かきを始める。

隣の家の車庫の屋根は、二階の屋根からの落雪の直撃を受け、ひしゃげてしまい、車のルーフもダメージを受けたようだ。
滑り落ちる雪の塊の衝撃は相当なものなのだ。
人が直撃を受けたらただじゃすまない。

車を出せそうな轍を作るべく、隣の家の人と一緒に雪かきに精を出す。
何とか出せそうな道が作れた。
二日続けて雪かきをしたのは初めてかもしれない。


2月17日(月)
靴が雪に埋もれることなく駅に辿り着ける状態となっている。
雪が融けた後で凍結した路面はスケートリンク状態だ。
ランドセルを背負った小学生が滑って転んで遊んでいる。

遊歩道
Imag0806


駅前
Imag0807

Imag0809


★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜


大雪 2014.2.8(土)

8日未明?から降り始めた雪は8日の夜まで降り続けた。
8日の午後は吹雪となり、バンドの練習も中止。

都心で27cmの積雪を記録したそうで、実に45年ぶりの大雪とのことだ。
都心で27cmだから、この辺りは30cmくらいは積もっただろう。

気象庁年報によると、1969年(昭和44年)に、30cmの記録がある。
この年の降雪日数は19日、最深積雪は30cm、3月12日だ。
残念ながら覚えていないが、かなり雪に見舞われた年だったわけだ。

9日の朝、天気は晴れた。
人々が雪かきに精を出していた。おらも45分しただ。

「ヘヘッ、待ってました」とばかりに、準備しておいた雪かき用のスコップを使って得意げに雪かきをしているオヤジがいる。
ふふ、あんまり張り切ると、後で身体が痛くなるぜ!

あたしってダメな男かしらと俯き加減にプラスチック製のちりとりを両手で支えて雪かきしているオヤジもいる。
「何それ?おままごとかい?」などと、茶化しちゃいけない。
スコップを所有していないことはそんなに恥ずかしいことではない。
健気というべきか・・・恥らわずに堂々とすればええで!

自分の家の車庫の前の雪を、隣の家の端に積み上げているオヤジもいる。
「おいおい、おれんちの方へ雪をよこすなよ」
「どうせ融けるんだからいいだろ」
トラブルにならないとは限らない。

たかが雪かき、されど雪かき。
雪かきは人生の縮図だ。そんなことはないか。

9日の朝10時頃:
車が通る道路には轍も出来、案外大したことない、という気もする。
もっとも普通タイヤでは走れない。氷結して滑るので、歩くのも大変だ。
Imag0757


10日の朝の公園:さすがに樹氷は出来ていない。
Imag0759


★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜


昨日の雪 2014.2.5(水)

昨日、夕方にかけて少し雪が降った。
駅を降り、氷結した路面に足をとられぬよう家路につく。
わずかな雪だったようだが、空き地に見事な雪だるまが立っていた。
西の空に見える三日月はくっきりとしていて、剣のように研ぎ澄まされていた。

朝になっても、公園はうっすらと雪化粧だった。
今朝はこの冬一番の寒さ。最高気温は5℃くらいとのことだ。

明日はもっと寒く、最低気温は-6℃、最高気温は4,5℃程度らしい。
昨日が立春だったけれど、今が一年で一番気温が低い頃だろう。
この寒さが過ぎると春が来る。


蝋梅もそろそろ終わりを告げようとしている。
Imag0741

雪原を駆け回る二本足のキタキツネ。ちゃうわ!
Imag0743


★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜

昭和の我楽多 05 鉛筆削り

手回し鉛筆削り: ELM社製 NO.8000 MOD.S
昭和30~40年代のものと思われる。
1960年代に多く出回った製品のようだ。
金属製でなかなか重厚。
しっかりとした作りだ。

ELM社のホームページによると、同社は1935年に東京都荒川区にて金属文具工場として創業。
1954年に国内初のスチール製印箱の製造・販売を開始。また、鉛筆削り器の製造・販売を開始。
とのことだ。

この鉛筆削りは、もともとは姉が使っていたものだった。
その後は、母が使っていた。

Imag0727

Imag0730

Imag0731

Imag0728

Imag0729

試しに鉛筆を削ってみたら、問題なく削れた。
で、削った鉛筆は三菱鉛筆の9800番だった。
見慣れたポピュラーな鉛筆だが、よく見るとPatentedの文字と、PAT.NO.217586の文字が記されている。
現在の特許番号は500万を超えているので、217586号というのは相当古いはずだ。
特許の内容は結局わからなかったが、その登録日は昭和30年~昭和31年のようだ。
だから、この特許表示のある鉛筆も昭和3,40年代の製品だろう。

Imag0734

Imag0738

それにしても、どんだけ古いものばかりに囲まれているのだろう。
っていうか、そんだけ古い奴やつなんだ。

古い奴と言えば、思い出すのはこれだ!↓
鶴田浩二は、好きだったなあ。


★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜

練習2014 No.4 2014.2.1(土)

2014年2月1日(土) 視聴覚室 18:30~

3月1日のいずみ春の祭典で演奏する予定の「島唄」など練習した。

練習曲:
・島唄
・朝もや
・七月の記憶
・スイートメモリーズ

【メモ】
島唄はとりあえずパターンが出来てきたので、一応この線で言ってみようと思う。


夕食:グラッチェにてピザ食べ放題セット。
   ハンバーグ&ソーセージ、ライス、サラダ、ドリンクバー、ピザ食べ放題。1153円。
   ピザ、10片くらい食ったかな。生地が薄いからけっこう入るんだよね。
   シラスのピザとエビ入りのピザは食べ放題メニューになかったのが残念。
   ドリンクは、生姜紅茶、アップルティー、カフェラテ。
   ま、元はとっているだろう(*^^*)


★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜

昭和の我楽多 04 タイマー

タイマー:
キッチンタイマーと思われる。
ゼンマイ動力。
製造年不明。昭和40年代くらいか。
おそらくデパートの粗品進呈とかで母がもらってきたものだろう。
昔はそんな粗品進呈ってやつがあった。今もあるのだろうか。

15分の範囲でダイアルを回すとゼンマイでダイアルが戻る仕組みになっている。
油にまみれ、ゼンマイが働かず、ダイアルがしょっちゅう停止してしまうという動作不良に陥っていたので、分解掃除してCRCを噴いたら、正常に動作するようになった。

しかし、どうも使い方がピンとこない。
所定時間が経つとチーンと合図の音が鳴るわけではない。
ただひらすらヂヂヂヂと音をたてながら、じわじわとダイアルがゆっくりと回転して初期位置に戻るだけ。
セットした時間が経過したかどうかは、目視によるか、あるいは耳を澄ませて音がしなくなったのを察知するしかないようだ。かなりの注意力を要求されることになる。
これじゃあ、タイマーたる役割を果たしているとは言いがたい。
普通の時計を見ていた方が手っ取り早いような気がする。
STARTとSTOPボタンもあるが、これもさほど有用とは思えない。。
結局、一見便利そうなのだが、実はまったく非実用品と言わざるを得ない。
まさに、粗品であり、我楽多と言ってよいだろう。
その意味では星三つかな。

Imag0718


★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜

« 2014年1月 | トップページ | 2014年3月 »

★ライブの予定

  • ライブ・・・
    ★8月20日(日)14時スタート すみだストリートジャズフェスティバル 8/18~20に行われる墨田区ひとつになる音楽イベント。 場所:VIBAR(ビーバー)押上駅前 東京スカイツリー東交差点 住所:東京都墨田区押上1-15-10 ヤユキビル 3F 時間:ROSSAの演奏は14:00~14:40の予定ですが30分ほど前後する可能性があります。メンバー:田中(Guitar)、渡辺(Violin)、私(Drums)
無料ブログはココログ

最近のトラックバック