70年代ジャズ喫茶のマッチ箱

  • Dig
    ジャズ喫茶ではないものや80年以降なども混ざっていますが、ご容赦ください。

70~80年代のジャズコンサートのチケット

  • Yamashita_yosuke_montreux_afterglow_1976
    1970年代~80年代中頃のジャズ、フュージョンのコンサートのチケットです。

70年代~80年代初頭のロックコンサートのチケット

  • Led_zeppelin_1972_1003
    1970年代~80年代初頭のロックコンサートのチケットです。 説明文に間違いがあったらご容赦ください。

JAZZ CLUB タローの1974-1977 ライブ・スケジュール表

  • Jazz_club_taro_1977_03
    昔、新宿歌舞伎町にあったJAZZ CLUB タローの1974-1977 ライブ・スケジュール表です。1975年のみコンプリートです。

JAZZ CLUB PIT-INNの1974-1977 ライブ・スケジュール表

  • Pitinn_1977_02
    JAZZ CLUB PIT-INNの1974-1977 ライブ・スケジュール表です。どの年もコンプリートではありませんが。

70年代中央線沿いライブハウスのスケジュール表

  • Aketa_1977_01
    70年代半ば、中央線沿いライブハウスのスケジュール表です。少しだけですが。
2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

« S鉄道の対応 | トップページ | オレ流ピザ »

肩~シュポシュポ~腰

窓の外は雨。
うん、窓の内は雨、は困る。

多分、五十肩になって二年以上が経つ。
多分というのは、病院で診てもらったわけじゃないので五十肩なのかどうかよくわからず、二年という期間もちゃんと数えていないからあやふやなのだ。

肩の痛みのピークはとっくに過ぎているようだが、なかなか完治しない。
日常生活に支障を来たすわけではないから、自然治癒を待っている状態だ。

さて、つまらない話だが、先日、家のトイレの便器が詰まった。
やばいじゃん、水を流すと便器から水が溢れこぼれそうになる。
ん? そんなにでかいウンチをしたのかって?
うんちゃ、いや別にそんなにでかいウンチをした覚えはないが、肝っ玉は小さくてもウンチはでかいのかもしれない。ぶっ

こんなときに活躍する道具がある。棒の先っぽに半球状のゴム製のバキューム?が付いたやつだ。
こいつを便器の窄まった底部に押し当ててシュポシュポすればよい。
ってわけで、おいらは朝からシュポシュポ作業に精を出す。

ちなみに、この道具は「ラバーカップ」と言うのだそうだ。
Wikiの説明を下に引用させていただく。
--------------------
ラバーカップとは清掃用具の一つでトイレや風呂場、台所の流し台の排水管の詰まりを直すための器具である。通水カップ(つうすいカップ)とも。ラバーカップは「ラバー(rubber)製のカップ」から出来た和製英語であり、英語での正式名称はプランジャー(Plunger)という。

通称「ギュッポン」「ボンテン」「ガッポン」「スッポン」。使用するときに発する音を擬音化した呼び方や、地方によっては「ズッコン」や「パッコン」、「バッコン」「ヘプシ」「カッポン」「キュッポン」「キュッポンキュッポン」、「パフパフ」「キュポキュポ」などとも呼ばれる。
--------------------

色々な呼び名があるんだなあ。
どうも、シュポシュポとは言わないようだ。なるほど「キュッポンキュッポン」のあたり実にそれらしい感じがする。
まあ、シュポシュポでもいいやね。

閑話休題。
水を流しながらシュポシュポする。わっ、ウンチのかけらが浮かんできた。やべえ、また水が溢れこぼれそうだ。
くそっ、負けるもんか。シュポシュポ、シュポシュポ、・・・うっ、汚水が飛び散りそうだ。
どうだ、これでもか。便器の奥に潜んでいるであろう見えない敵を相手においらは全力を込めてシュポシュポを続ける。
敵はなかなか降参しない。こりゃあ手強いぞ。シュポシュポ、シュポシュポ、・・・
五十回くらいシュポシュポ往復運動を行ったろうか。
やっと、敵は「うぎゃあ~」という悲鳴を上げて配管の奥へと消えた。

ヘヘッ、どうだ、クソ野郎、ざまあ見ろと思いつつ、考えてみれば我が分身でもある。おいらは自分に残虐非道な制裁を加えたのかもしれない。
なので、「ウンチ君、さようなら~」一応、挨拶しときました。
まあ、これで水が溢れこぼれることを心配せずに、和みの時間を過ごせるわい。


ところが、めでたし、めでたしとはいかないものである。
シュポシュポ運動を無我夢中にし過ぎたせいだろうか。
右肩の肩甲骨のあたりが急激に痛み出した。アウチッ、said Tom.
この罰当たりめ!おいらの行為はトイレの神様の逆鱗に触れたのかもしれない。
トイレの神様はおいらの右肩甲骨にへばりついたようだ。

神様はおいらの右肩甲骨が気に入ったのだろうか。肉付きが良いわけじゃなし、そんなに居心地がいいとは思われないのだが。
五十肩に加えてトイレの神様へばりつきは全然嬉しくない。いくら神様と言ってもね、おいらは痛いんだからね。
せっかくいらしたのだからゆっくりしていってください、という気分にはなれないのだ。

この痛み、何とかならないか。
あ、そういえば、つい最近、五十肩には「ブリッジ」が効くという話を聞いた。
普段肩の運動をしていないと、関節が硬く固まってしまい、五十肩を誘発する。だから、普段しない運動などをして動かせば、五十肩は改善されるという寸法だ。
いいんでないかい。よし、ブリッジをしてみよう。
「とおりゃあ」気合を入れて、おいらは、寝る前にここ何年もしていないブリッジの体勢をとってから就寝した。もちろん、運動などせず硬く凝り固まったジジイな私の身体は、アーチ型のブリッジの体勢などとれない。ブリッジ未満、吊り橋以上といったところか。

よし、これで、明日の朝起きた頃には、神様さようならだ。
でも、追い出された神様は行き場を失ってどこへ行くのだろう。
きっと、日本のどこかでシュポシュポしている誰かの肩甲骨に張り付くのかもしれない。
まあ、神様を独り占めするよりはその方がいいだろう。
おやすみなさーい。


夜中に夢を見た。
ブリッジをしている私の腰のあたりに誰かが熱い視線を注いでいる・・・。
そんなにセクシーかしらん・・・アハン、ちょっとだけよ・・・あんたも好きね・・・

朝起きると、おいらは単に腰痛おじさんになっていた。
ブリッジ・・・。

おいらのセクシーポーズに悩殺された神様は、右肩甲骨に飽き足らず、腰にまでへばりついてしまったようだ。
しばらく神様と一緒に過ごす日々が続きそうだ。
アーメンどくさい。


The End


★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜

« S鉄道の対応 | トップページ | オレ流ピザ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

キーちゃん、ここんとこ絶好調だね。
コメントが追いつかないー。

私はゴボゴボって呼んでるけど、キーちゃんの呼び方のなかにはないなぁ。
じつはゴボゴボでだめで便器に手をつっこんで開通させたことあるよ。
その時は詰まってたのはペーパーだった。
通路がU字型になっているのをその時はじめて知った。
問題はその後だわさ。ビニール手袋がなかったので素手だったから
しばらく手が……。

五十肩の原因はわからないって、聞いたことがあります。
でも、自然に治るそうですよ。
じっと我慢だね。経験者は語るー。
でも腰痛はいかんです。治さないと電車の席に座れない。
歩けなくなるかもよ。

放浪人さん
絶好調ってほどでもなかとです。
日常の精神状態エトセトラに反して書くときもあるとですばい。

なるほど。ゴボゴボね。それも「らしい」ね^^
おお、放浪人さんは素手で格闘したとですか!
男ですたい。勇者の称号を与えよう。
しかし、その手、痺れてもうたんじゃなかとですか。

五十肩、経験してるんですね。
大体二年とも言われてるらしいんですが、もう過ぎてるんですよねー。
腰のダメージは回復しつつありますが、右肩甲骨付近がううう状態ですたい。
S字の棒でグリグリしてるとです。

コメント、無理せんでつかあさい。
こんなブログを読んでくださるだけでありがたいことでござんすばい。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« S鉄道の対応 | トップページ | オレ流ピザ »

★ライブの予定

  • ライブ・・・
    ★8月5日(土)18時半スタート 狭山市入間川七夕まつり バンド名は「亞茶風見」です! 場所:入間川七夕まつり広場ステージ 交通:西武新宿線 狭山市駅 時間:亞茶風見の演奏は18:30~18:55の予定ですが前後する可能性があります。 メンバー:藤ともこ(三線,ウクレレ,Vo)、田中(Guitar)、渡辺(Violin)、私(Drums)、 ★8月20日(日)14時スタート すみだストリートジャズフェスティバル 8/18~20に行われる墨田区ひとつになる音楽イベント。 場所:VIBAR(ビーバー)押上駅前 東京スカイツリー東交差点 住所:東京都墨田区押上1-15-10 ヤユキビル 3F 時間:ROSSAの演奏は14:00~14:40の予定ですが30分ほど前後する可能性があります。メンバー:田中(Guitar)、渡辺(Violin)、私(Drums)
無料ブログはココログ

最近のトラックバック