70年代ジャズ喫茶のマッチ箱

  • Byg_20170811
    ジャズ喫茶ではないものや80年以降なども混ざっていますが、ご容赦ください。

70~80年代のジャズコンサートのチケット

  • Yamashita_yosuke_montreux_afterglow_1976
    1970年代~80年代中頃のジャズ、フュージョンのコンサートのチケットです。

70年代~80年代初頭のロックコンサートのチケット

  • Led_zeppelin_1972_1003
    1970年代~80年代初頭のロックコンサートのチケットです。 説明文に間違いがあったらご容赦ください。

JAZZ CLUB タローの1974-1977 ライブ・スケジュール表

  • Jazz_club_taro_1977_03
    昔、新宿歌舞伎町にあったJAZZ CLUB タローの1974-1977 ライブ・スケジュール表です。1975年のみコンプリートです。

JAZZ CLUB PIT-INNの1974-1977 ライブ・スケジュール表

  • Pitinn_1977_02
    JAZZ CLUB PIT-INNの1974-1977 ライブ・スケジュール表です。どの年もコンプリートではありませんが。

70年代中央線沿いライブハウスのスケジュール表

  • Aketa_1977_01
    70年代半ば、中央線沿いライブハウスのスケジュール表です。少しだけですが。
2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

« (合同)練習2013 No.21 2013.8.31(土) | トップページ | 練習2013 No.22 2013.9.8(日) »

アブラゼミと赤花夕化粧 2013.9.3(火)

今年はセミが沢山鳴いていたように思う。
やはり暑い夏が好きなのだろうか。

アブラゼミ
Imag0589

鳴かずに止まっていた。
近付いても逃げなかった。
羽が大分傷んで欠けている。
きっと、この夏、大いに活躍したのだろう。

6年ほどの地中生活を経て地上へ。
地上での生活は・・・1週間などと言われるが、2,3週間という話もあるようだ。
いずれにしても暑い夏が好きなのだよなあ。

ちなみに、
『アブラゼミ』という名前の由来は、鳴き声が油を鍋で熱したときに撥ねる「ジリジリ」という音に似ているため、「油が撥ねる音の様に鳴く蝉」から『油蝉(アブラゼミ)』と名付けられたとされている。
そうです(Wiki)。


アカバナユウゲショウ(赤花夕化粧)(のはず)
Imag0590

この写真のピントは・・・どうにかならんのかっ、まるでボカシを入れたようだ><

先日、別名夕化粧の名を持つオシロイバナをアップしたけれど、こちらが本家夕化粧?
ちなみに撮影は朝方、道端に咲いていた。
花の直径は1cm程度。小さい。

「アカバナ科マツヨイグサ属の多年草。原産地は南米から北米南部。現在は帰化植物として世界の温暖な地域に広く分布する。」「日本では明治時代に鑑賞用として移入されたものが関東地方から西で野生化しており、道端や空き地でも良く見かける。」(Wiki)
これも侵入生物データベースに掲載されている。


The End


★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜

« (合同)練習2013 No.21 2013.8.31(土) | トップページ | 練習2013 No.22 2013.9.8(日) »

植物」カテゴリの記事

コメント

子供のころ、夏のシオカラトンボ、アブラゼミ、初夏のザリガニは捕えてもうれしくなかった
捕えても・捕えても・捕えつくせな~い~~(布施明調で)
いっぱいいたから
でもキンタポンさんの解説を読んでたら、アブラゼミも苦労してるんだなぁと
残酷な子供のころを反省した

この花もマツヨイグサ属ですか
長い茎でニュッと立ってるようにみえますがそこんところがマツヨイグサっぽい
マツヨイグサもおくが深い
でも侵入生物ね・・・・・地球の環境が変わってるのだから、その環境が住みやすいものが増えるのは当たり前なのではないのかと素人の私はおもってしまう
危機感無さすぎかな


放浪人さん
アハ、熱唱♪ 反省しなくていいっすよ~
たしかにアブラゼミは不人気でしたね。
ミンミンゼミやツクツクボウシは羽が透明で綺麗で人気があった。
ニイニイゼミというのもいましたね。

羽が欠けておとなしく木に止まっていて、もう上手く飛べないのかななんて思いました。

マツヨイグサは色々あって面白いですね。
研究テーマになるでしょうね。そんな博士もいるかな。

マツヨイグサと宵待草、月見草とマツヨイグサ・・・。
本来月見草は白色。夕刻に開き、朝にはしぼみ紅変する。
ところが、一般に黄色のマツヨイグサを月見草と呼ぶようになった。
加えて、桃色の昼咲き月見草というのもある・・・
ちょっとややこしい。

マツヨイグサは山本さん。宵待草はヤマちゃん。両者実は単なる呼び名の相違。
山本さんにも色々いる。
白い服を着た深夜勤務の山本さんがいて・・・ミスタームーンと呼ばれる。
しかし、黄色い服の深夜勤務の山本さんを、人はミスタームーンと呼ぶようになった。
ところが、昼間勤務の赤い服の山本さんもいて、デイタイムミスタームーンと呼ばれている。
って感じでしょうか^^
ますますわからん?

侵入生物データベースには次のように記載されていました。

人間によって自然分布域以外の地域に移動させられた生物を「外来生物 / 外来種」「侵入生物 / 侵入種」「移入生物 / 移入種」などといいます. 貿易大国の日本では,これまでに2000種を超える外来生物が記録されています. 外来生物は,移動先で繁殖集団を形成し(定着または帰化と呼ばれます),その土地の生態系・農林漁業・人間の健康や日常生活などに対して影響を及ぼすことがあります. 大きな影響を及ぼすものを,特に「侵略的外来生物」といい,世界的な問題となっています.

ま、人によって移動させられたのに、侵入生物呼ばわりされるのは、される方にとってはいい迷惑と言えそうな気がします。
人が移動するのを止めることはできないから、ずっと続くのでしょうね。

今年はセミが賑やかでしたね。真夜中までものすごい大合唱でしたよ。

ひゃらり~さん
やはり、そうでしたか、真夜中まで!
近くに森もあって、よく聞こえたのですね。
こちらは夜はほとんど聞こえませんでしたが、朝、通勤時の森で大合唱でした。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« (合同)練習2013 No.21 2013.8.31(土) | トップページ | 練習2013 No.22 2013.9.8(日) »

★ライブの予定

  • ライブ・・・
    ★8月20日(日)14時スタート すみだストリートジャズフェスティバル 8/18~20に行われる墨田区ひとつになる音楽イベント。 場所:VIBAR(ビーバー)押上駅前 東京スカイツリー東交差点 住所:東京都墨田区押上1-15-10 ヤユキビル 3F 時間:ROSSAの演奏は14:00~14:40の予定ですが30分ほど前後する可能性があります。メンバー:田中(Guitar)、渡辺(Violin)、私(Drums)
無料ブログはココログ

最近のトラックバック