70年代ジャズ喫茶のマッチ箱

  • Byg_20170811
    ジャズ喫茶ではないものや80年以降なども混ざっていますが、ご容赦ください。

70~80年代のジャズコンサートのチケット

  • Yamashita_yosuke_montreux_afterglow_1976
    1970年代~80年代中頃のジャズ、フュージョンのコンサートのチケットです。

70年代~80年代初頭のロックコンサートのチケット

  • Led_zeppelin_1972_1003
    1970年代~80年代初頭のロックコンサートのチケットです。 説明文に間違いがあったらご容赦ください。

JAZZ CLUB タローの1974-1977 ライブ・スケジュール表

  • Jazz_club_taro_1977_03
    昔、新宿歌舞伎町にあったJAZZ CLUB タローの1974-1977 ライブ・スケジュール表です。1975年のみコンプリートです。

JAZZ CLUB PIT-INNの1974-1977 ライブ・スケジュール表

  • Pitinn_1977_02
    JAZZ CLUB PIT-INNの1974-1977 ライブ・スケジュール表です。どの年もコンプリートではありませんが。

70年代中央線沿いライブハウスのスケジュール表

  • Aketa_1977_01
    70年代半ば、中央線沿いライブハウスのスケジュール表です。少しだけですが。
2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

« 練習2013 No.5 2013.2.10 | トップページ | 雪景色 2013.2.13(水) »

スカイツリー 2013.2.11(月)

母の49日の法要だった。
ニョキッとそびえ立つスカイツリーが見えた。
銀色に光り輝いている。
高さ634mは東京タワーの倍近くある。
近くでは見上げるほどの高さだろう。
今はなき人たちは天空から見下ろしているのだろう。

Imag0305


The End


★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜

« 練習2013 No.5 2013.2.10 | トップページ | 雪景色 2013.2.13(水) »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

キンタポンさん、おはようございます。
去年、お江戸に行った時に六本木のスカイタワーから
東京タワーとスカイツリーが並んでいる景色を観ました。
両方とも入ったことはないんですが・・・とても感激しました^^
今は亡き人たちがこちらを見てくれているのだとしたら、
「ほんとにもぉ、仕方がない子ね」と両親に言われるような気がします。
「姉ちゃんは相変わらずだなあ」と弟にも笑われるかもしれません。

風みどりさん
へえ、大都会でいい景色を眺めたのですね!
東京タワーは、小学生の時に上りました。
そばで見るとそれは大きい構造物だから、もっと感激するかも。
スカイツリーもきっとすごいでしょうね。
そうですね、こちらからは見られませんが、天に昇った人たちはこちらを見ているのかもしれませんね。あっしも多分、呆れられているような・・・(>_<)

この写真のスカイツリーがとてもおおきな塔婆にようにみえます
父も後妻もついに私と姉の母親の墓のありかを教えないで死んでいきました
墓がわからなくても
今はなき人たちが天空から見下ろしているのなら
今の私の幸せは母親がみまもっていてくれているおかげだろう
キーちゃんのお母様もいつもみまもっているよ

kiikoboさん
コメントありがとうございます。

たしかにスカイツリーが大きなお塔婆のように見えてきました。
今後、スカイツリーを見るたびにお塔婆を想起しそうです。

今はなき人たちをこの現世で知覚することはできませんが、心の中には生き続けている。
天に召されたすべての人たちは、無垢な心で見守っていてくれるのだと思います。
きーちゃんのお母様もいつもきーちゃんの傍にいてきーちゃんを祝福していると思います。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 練習2013 No.5 2013.2.10 | トップページ | 雪景色 2013.2.13(水) »

★ライブの予定

  • ☆ライブ予定
    11月25日(土)16時半より  クマガイヨウコ手織り展「冬への贈りもの」   亞茶風見にて鎌倉、由比ヶガ浜にて演奏します  場所:ジャック&豆の木    鎌倉駅西口出て御成通り方面から徒歩6分  住所:鎌倉市由比ガ浜2丁目 4-39 松田屋本店ビル1F  入場無料です
無料ブログはココログ

最近のトラックバック