70年代ジャズ喫茶のマッチ箱

  • Byg_20170811
    ジャズ喫茶ではないものや80年以降なども混ざっていますが、ご容赦ください。

70~80年代のジャズコンサートのチケット

  • Yamashita_yosuke_montreux_afterglow_1976
    1970年代~80年代中頃のジャズ、フュージョンのコンサートのチケットです。

70年代~80年代初頭のロックコンサートのチケット

  • Led_zeppelin_1972_1003
    1970年代~80年代初頭のロックコンサートのチケットです。 説明文に間違いがあったらご容赦ください。

JAZZ CLUB タローの1974-1977 ライブ・スケジュール表

  • Jazz_club_taro_1977_03
    昔、新宿歌舞伎町にあったJAZZ CLUB タローの1974-1977 ライブ・スケジュール表です。1975年のみコンプリートです。

JAZZ CLUB PIT-INNの1974-1977 ライブ・スケジュール表

  • Pitinn_1977_02
    JAZZ CLUB PIT-INNの1974-1977 ライブ・スケジュール表です。どの年もコンプリートではありませんが。

70年代中央線沿いライブハウスのスケジュール表

  • Aketa_1977_01
    70年代半ば、中央線沿いライブハウスのスケジュール表です。少しだけですが。
2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

« 2012年8月 | トップページ | 2012年10月 »

2012年9月

猫・彼岸花(3) 2012.9.28

猫・彼岸花 3日目。

今朝もニャンのトラはいました。
勝手ながらトラと呼ぶことにします。
毎日、数十センチ、寝床の位置が移動しているようです。

写真を撮ろうと近付こうとしたら、草を踏む音で起こしてしまいました。
一瞬驚いてこちらを見ましたが、眠気はまだ収まってない様子。
辺りをきょろきょろ見回した後、また眠る体勢に。

一方、彼岸花。
これから咲くはずの未開花の数本の彼岸花は、茎の途中で切断されて花の部分が無くなっていたのでした。
人間の仕業ですね。
花の形が炎のように見えることから、家に持ち帰ると火事になるという迷信もあるそうです。

今、朝顔も沢山咲いていますね。
赤い朝顔、ピントが葉に合ってしまっていますが。

Imag0154


Imag0155


Imag0156

The End

★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜

猫・彼岸花(2) 2012.9.27

昨日に引き続き、またまた掲載。

今朝もトラのニャンがいました。

相変わらず、草むらで丸くなって寝てました。

昨日と変わり映えしない写真ですが、今日は赤トンボがいました。

Imag01482


Imag01492


Imag0152

The End


★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜


スペイン 2012.9.26

帰宅途中の駅前広場で、久しぶりにストリートジャズの演奏をしていたので激写?!
今まで見てきた人たちとは違う方々のようでした。
でも、なぜかやる曲は、みなさん共通していたりするのです。
お仲間なのかもしれません。あるいは、定番、必須曲目なのかもしれません。

もう演奏も終わる頃でしたが、おなじみの「スペイン」を演奏していました。
いやいやワンダフル! 実にパワフルに疾走してましたあnote

Imag0144_2


スペイン・・・36年前にやった時の音源がありました。
ファイル容量の関係(mp3は1MBまで)でビットレートを落として途中でぶち切れですがupしてみます。
上手くいくかな。
OKのようです。 拙い演奏ですが。。

The End


★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜

猫・彼岸花 2012.9.26

自分のブログに猫の写真を載せるとは思っていなかった。

近くに猫を飼っている知り合いはいないし、野良猫は道で出くわすと必ず逃げるし。

朝、駅への道すがら、陽光に包まれて猫が気持ちよさそうに叢で寝ていた。

何猫っていうのかな? けっこう普通の模様だと思うけれど。

立ち止まってもそのままだったので、撮影した。
もしかしたら、この写真が生まれて初めて撮影した猫写真かもしれない^^

Imag0141


そのすぐそばの道端には彼岸花が咲いていた。

Imag0143

花言葉は「情熱」「独立」「再会」「あきらめ」。
「悲しい思い出」「想うはあなた一人」「また会う日を楽しみに」。
とのこと。色々あるのだね。

全草有毒なのだって。
まあ、これを食べようと思う人はいないと思うけれど。

The End

★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜

ライブ報告 ぶんぶんウォーク2012(2) 2012.9.17

武蔵国分寺公園森のライブ、三日目。
エスニック・キッチンの演奏がありました。
午前10時集合、11時開始予定。

セッティングも終了し、さてそろそろというところで、何と雨が降ってまいりました。
あちゃ、一昨日も雨で開演が遅れましたが、またしても。。

大慌てで締め太鼓、スネアドラムなど濡れてはいけないものを器材置き場であるテント下に運びました。
そして、バラホンほかの器材をセットしたステージ位置にテントを設営していただきました。
これなら少々の雨でも大丈夫でしょうということで。

何しろ台風typhoonの影響で、この日の空模様も、雨が降ったり、かんかん照りになったり、目まぐるしく変わる、変わるeye
まあ、そんな天気でずっと降り続く雨でもなさそうなので、とりあえず、雨が止んだところで、やりましょうということになりました。
で、雨が止んだので、テントの下で演奏を開始しました。

ところが、ここでハプニング。
開始前のドタバタで右スピーカからコードを外したままであることが発覚しました。
こりゃいかん、というわけでつなぎ直すのにちょっと中断。

大体、開始前、右スピーカへのコードが繋がっていないのは私の視界に入っていたはずなのに、ボッーとしてたんですかね、その状況を理解していませんでした。ブッwobbly

何だかな~いやはや集中力もどっかへ飛んでいってしまいそうでしたが、めげることなく、演奏の質はさておき、楽しんで完奏しましたhappy01
演奏後も、雨が降ったり止んだりは続いてましたね。
でも、野外ライブは気持ちいいんですよねgood
てなわけで、楽しい休日を過ごすことができ、嬉しゅうございます。

演奏をお聴きくださった皆様、ありがとうございましたsign03
そして、お手伝いくださった能勢さん、イベントのスタッフの皆様に感謝しますsign03

(Set List)
「音楽と語りで巡る武蔵国分寺のいまむかし」
1.イントロダクション
2.万葉の風
3.朝もや
4.Uki-Uki水汲みウォーク
5.蓮花
6.泉に来たりて
7.時の回廊
8.異国風の踊り
9.十三夜~月下の舞~十三夜
10.まほろば

演奏終了後は、他の若い出演者さんの演奏を聴いたり、遅お昼は回転寿司に行って食べて、また演奏を聴いたり。
で、何となく、さすがに疲れたねってわけで、解散し、帰途に着きました。


♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:

当日の写真集↓
この日の空
Imag0115


この日もお馬ちゃんは人気者
Imag0117


にんじん美味いじょ~
Imag0118


遠景
Imag0122


セッティングは完了したが。。
Imag0125


Imag0126


テント設営完了し、テントの下で演奏したのでした。
Imag0130


続く ミュージック♪
Imag0132


晴天時は陽射しが強く、暑い。
Imag0133


くつろぐ人々
Imag0136


Imag0137


The End
.。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。.

ライブ報告 ぶんぶんウォーク2012(1) 2012.9.15

武蔵国分寺公園森のライブ一日目、能勢祥二郎さん率いる「能勢グループ」さんの演奏に急きょトラで参加させていただきました。

午前十時から公園事務所会議室でリハ、午後二時から本番。

この日は、フルート、ソプラノサックス、テナーサックスの三管にギター、ウッドベース、タイコの編成です。
やる曲はジャズ系のオリジナル・ナンバーが中心です。
牧歌的でメロディアスな曲など、三管の和声が美しく、とても素敵な音楽です。
ビートの効いた曲もあるので、普段のセットに改造14''バスドラを追加して臨みました。

予め音源は聴かせてもらっていたものの、聴くとやるとでは大違い、実際にやってみると難しいものです。
バスドラを踏むのは5年ぶりくらいでしょうかsweat01 無謀な挑戦と言わざるを得ません。
あっという間にリハの時間も過ぎて、さて本番、と思っていたところに。。

雨雲がこちらに向かっているとのアナウンス!台風の影響ですねtyphoon
遠くでは雷thunderの音も。。そして、雨が降り始めましたrain
こりゃあまさかの大雨かと思いましたが、幸いにも雲は過ぎ去り、雨は止みましたsun
結局、四、五十分遅れで演奏を開始することになりました。

本番の演奏は、自分の力不足を露呈しました。
曲の構成やキメを忘れたり、粗い演奏になってしまいましたが、何とか予定の曲を全部、無事?終了しましたcoldsweats01

普段とはまったく違う編成の音楽に参加させていただき、よい勉強をさせていただくとともに刺激を受けました。
楽しませていただきましたnote
素敵な音楽を共にさせていただいた能勢グループのみなさん、ご紹介くださった笛さん、お手伝いくださったサックスさん、お聴きくださった皆様に感謝しますshine

(Set List 順不同)
・The Rocking Chair
・酒とバラの日々
・Trad#1
・ギターソロ曲
・Down The Slope
・October Trail
・Artie's Shoe Mark

能勢祥二郎さんのホームページ★「Heal-jam」ヒールジャム:
http://www.h2.dion.ne.jp/~mixee/

音蔵 Oto-gura~篠笛・畑中久美子の音源倉庫:
http://otogura.blog.so-net.ne.jp/2012-09-17

horseぶんぶんウォークで馬車を引くお馬さん たてがみの編込みがお洒落!
Imag0111


The End
.。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。.


練習2012 No.21 2012.9.8

2012.9.8(土)ホール 18:00~20:30

まだ暑い。夏だsun
午後床屋でマルガリータ。

床屋のマスター、子どもの頃、ナタを持った父ちゃんに追っかけられたんだってdash
あんときはさすがに驚いたってcoldsweats02
昭和だよなあ~happy01

怖い父ちゃんの話を聞いてテンションも上昇した後、半ズボンでgosign01
9/17ぶんぶんウォークで演奏予定の全曲を1回通しで練習。

(練習曲目)
「音楽と語りで巡る武蔵国分寺のいまむかし」
1.イントロダクション
2.万葉の風
3.朝もや
4.Uki-Uki水汲みウォーク
5.蓮花
6.泉に来たりて
7.時の回廊
8.異国風の踊り
9.十三夜~月下の舞~十三夜


練習後、ホセ・山本(カホン野郎)と遊んだ。
座り方も叩き方もわからんが。

笛さんが笛を吹いてくれたんで、ついのっちまって、
気がついたらマジにぶっ叩いてたわ。

そろそろ止めましょ、きりがなさそう、って止めました。
そしたら、手がイテテ、イテテ、イテテ~オnote だわ
いたぶろうと思っていたのに、おいらがいたぶられましたwobbly
ホセはなかなかのツワモノだわ。オミソレ~smile

夕食:メンバーと夢庵にて。豆腐チゲ1辛とご飯・・・最近こればっか^^

★ぶんぶんウォーク 9月15日(土)の14:00からの能勢グループさんの演奏に
 急きょ代役で参加させていただくことになりました。
 爽やかでカッコいいジャズですshine
 当日のリハだけで本番なのよ、どうなることやら。アセアセなのよsweat01


゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜☆゜・。。

ライブ告知 「ぶんぶんウォーク」2012

★2012年9月17日 敬老の日(月)国分寺「ぶんぶんウォーク」2012
 武蔵国分寺公園 南側(こもれび広場)(国分寺駅南口徒歩約10分)
 午前11:00~ 
 無料。

芝生の上にレジャーマットでも敷いて~note
近くには、武蔵国分寺、おたかの道遊歩道、真姿の池などもあります。

エスニック・キッチンは一番手の出演です。約50分の演奏時間。
その後も、楽しい音楽演奏をする他のグループさんが出演します。

ぶんぶんウォークのホームページはこちら↓
http://bunbunwalk.com/

↑現在、公式パンフレットはまだアップされていないようです。
 遅れているようです。。
 このページから去年の様子のリンクが貼られています。
 ご参考になるかと思います。

晴れるといいな。


゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜☆゜・。。

蝉~ヤモリ 2012.9.5

「オーシーツクツク…」
昨日、ツクツクボウシの声を聞いた。何だか久しぶりのような気がする。

子どもの頃、当時はアブラゼミが全盛だった。
ツクツクボウシやミンミンゼミはやや少なめだったような気がする。

羽の透明なツクツクボウシやミンミンゼミは、やはりアブラゼミよりも綺麗に見えて、捕れると嬉しかった。
ちなみに、昆虫のいわゆる羽・羽根は、生物学の専門用語では翅(し)と表記されるのだそうだ。

ツクツクボウシは、なかなか捕まえにくい蝉だった。
いつも比較的高い所に留まって鳴いていたような気がする。

昆虫採集の網でツクツクボウシを捕まえようとしたら、金属リング部分で蝉の胴部を潰してしまったことがある。
ひしゃげた胴を見て何だか可哀相なことをしたと思ったこと、忘れられない。


駅に向かう途中、今朝も森では蝉が鳴いていた。
ツクツクボウシの声を探したけれど、わからなかった。

ニイニイゼミというのも昔は多くいた。
近時、その声が聞かれないように思うけれど、どうしたのだろう(wikiによると復活傾向にあるらしいが。)。

都心の仕事場。
近くに森などはないが、窓を開けて耳をすますとアブラゼミとミンミンゼミの声が聞こえるような気がする。
これは幻聴だろうか。

余談だが、17年ゼミ、13年ゼミといった周期ゼミというのがいる。17年または13年で成虫になり大量発生する。
これは素数ゼミとも呼ばれる。
素数ゼミ・・・決して代々木ゼミの夏季数学講座名ではない。


。・。・。☆。・。・。☆。・。・。☆。・。・。☆。・。・。☆。・。・。。☆。・。・。☆。・。・。☆。・。・。☆。・。・


今朝も、起きると、寝室の窓の外側にへばりついているヤモリを発見した。
窓の左側下隅、昨日とほぼ同じ位置にいた。

五本の指をほぼ等間隔に綺麗に拡げている。吸盤のような丸い指先が可愛い。
尻尾がやや短いようだが、切れたのかもしれない。

顔を近づけて様子を窺ってみた。
ヤモリくん、目だけキョロッと動かしておいらの方を見た。

「オッス!」
ちょっと捕まえて触ってみたくなったけれど止めた。
また明日会えるかな。 元気でな。

゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜☆゜・。。


カホン(Cajón)野郎がやってきた!

9月2日の日曜日、カホンって奴がどうしてもおいらに会いたいって、郵便局のおじさんに連れられてやってきたんだ。

へへへ ご対面~eye

Imag0105


うん、なかなかかっこいいじゃんか。
側面にサウンドホールね。ここに耳を近づけてドンなんてしちゃいけないんだよな。
前面は赤味がかったマホガニーの塗装なんかしちゃってなかなかお洒落じゃないsign02

身長45cm 体重3kg
B:120cm W:120cm H:120cm
ボインもくびれもない、見事にずん胴なチビだけど、なかなかがっしりした作りだわ。

随分軽いけど、座っても大丈夫なのか。おっ、大丈夫だ。あたりめえか。
これなら椅子としても、踏み台としても使えるな。よかったわhappy01

今回の購入基準は、一に値段、二に値段、三四がなくて五に値段。
ってわけでネットで6,250円、送料1,400円で、名もない手作り品を購入したのさ。
5千円未満に収めたかったんだけどなホントは。

本来、楽器店で音を出してみて気に入ったものを買うというのが楽器購入の王道なのだが、一度もカホンを叩いたことのないおいらが叩いてみたところで音の良し悪しは分からないだろう。
それにただの木の箱だろ、どうせ似たようなもんだろ、ってわけで、とにかく安ければいいんです、という選択基準で購入とあいなったのだ。
あとで調べてら、もっと安いのもあったわ。次は自分で作ってみるのも悪くないな。

で、座ってみると、自分が男であることを再認識したのだった。何でかーって、恥ずかしいな、両足の間にあるやつがちょっとジャマイカでない?あ、もっと深く腰掛ければいいのねhappy02

で、叩き方も全然知らないんだよなあ、実は。
ま、ボチボチいたぶってやるだな。

あ、そうだ、名無しのこいつに名前をつけてやらなきゃsign01
ってわけで、とりあえず命名したぜ。
その名は「ホセ・山本」
理由? そりゃもちろん、ホセはホセだろう。
ん、山本? おいらの苗字かって?
違うんだな、それが。
そう、いつも回覧板を届けてくれるお隣りさんの名前にしちゃったぜgood

゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜☆゜・。。

Eggman tokyo eastでのROSSAライブ

合同バンドESSA-Hoiの相方であり、しばしば合同で演奏活動をさせていただいているROSSAは、都内のライブハウスで大活躍。

岩本町にあるEggman tokyo eastでも何度か演奏されていますが、10月13日(土)のROSSAさんが出演するライブにエスニック・キッチンがゲストでお誘いをうけました。

あいにく、サックス氏は休日出勤で出られませんが、笛さんと私は出演させていただくことになりました。

3バンドの対バン形式で、各バンド45分くらいの持ち時間だそうです。


Eggman tokyo eastのホームページ:
http://www.egg-mte.com/index.html

10月のスケジュール:
http://www.egg-mte.com/schedule/2012/10/


ROSSAホームページはこちら:
http://www2.ttcn.ne.jp/ktanaka/index1.html

ROSSAの9月~のライブ予定:
http://www2.ttcn.ne.jp/ktanaka/live.html

追記:
本記事は、「音蔵 Oto-gura~篠笛・畑中久美子の音源倉庫」より多く引用、転載させていただきました↓
http://otogura.blog.so-net.ne.jp/2012-09-01

゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜☆゜・。。

月曜日のつぶやき

生老病死
人は生まれた以上、一歩づつ着実に死に向かって歩いている
喜怒哀楽、様々な感情を抱きながら
悲しみ、苦しみを背負いながら

何が至上の価値なのだろう
答えは人それぞれだろう

背負った荷物は重たいかもしれないけれど
軽くなって走り回れる時もあるだろう
たまには下ろして身軽になることも許されるだろう

別にゴールがなくてもいいだろう
その先に何があるのかは誰もわからない
様々な景色を眺めながらただ歩いていこう

゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜☆゜・。。

練習2012 No.20 2012.9.2

2012.9.2(日)ホール 18:00~19:30

この日、メンバー宅へ寄る途中、突然の大雨が。
車の先の方が見えなくなるほどの強い雨は30分以上続いた。

今朝は涼しく、通勤電車の冷房が寒いくらいだった。
爽やかな秋は直ぐそこまで来ているなあ。

笛さんは体調を崩してお休み。
サックス氏と二人で音出し。
9/17ぶんぶんウォークで演奏予定の曲を軽く2回通しで練習。

(練習曲目)
 万葉の風
 朝もや
 Uki-Uki水汲みウォーク
 蓮花
 時の回廊
 ナイト ダンス

サックス氏とサイゼリアにて夕食。チキンステーキ、スープセット。

゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜☆゜・。。

« 2012年8月 | トップページ | 2012年10月 »

★ライブの予定

  • ライブ・・・
    ★8月20日(日)14時スタート すみだストリートジャズフェスティバル 8/18~20に行われる墨田区ひとつになる音楽イベント。 場所:VIBAR(ビーバー)押上駅前 東京スカイツリー東交差点 住所:東京都墨田区押上1-15-10 ヤユキビル 3F 時間:ROSSAの演奏は14:00~14:40の予定ですが30分ほど前後する可能性があります。メンバー:田中(Guitar)、渡辺(Violin)、私(Drums)
無料ブログはココログ

最近のトラックバック