70年代ジャズ喫茶のマッチ箱

  • Dig
    ジャズ喫茶ではないものや80年以降なども混ざっていますが、ご容赦ください。

70~80年代のジャズコンサートのチケット

  • Yamashita_yosuke_montreux_afterglow_1976
    1970年代~80年代中頃のジャズ、フュージョンのコンサートのチケットです。

70年代~80年代初頭のロックコンサートのチケット

  • Led_zeppelin_1972_1003
    1970年代~80年代初頭のロックコンサートのチケットです。 説明文に間違いがあったらご容赦ください。

JAZZ CLUB タローの1974-1977 ライブ・スケジュール表

  • Jazz_club_taro_1977_03
    昔、新宿歌舞伎町にあったJAZZ CLUB タローの1974-1977 ライブ・スケジュール表です。1975年のみコンプリートです。

JAZZ CLUB PIT-INNの1974-1977 ライブ・スケジュール表

  • Pitinn_1977_02
    JAZZ CLUB PIT-INNの1974-1977 ライブ・スケジュール表です。どの年もコンプリートではありませんが。

70年代中央線沿いライブハウスのスケジュール表

  • Aketa_1977_01
    70年代半ば、中央線沿いライブハウスのスケジュール表です。少しだけですが。
2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

昔の音源

  • Woman I'm Tryin' 198X rec.
  • 楽園 198X rec.
  • 下町の女(ひと)198X rec.
  • Windows_1976_rec.
  • Spain 1976 rec.

« ロックに浸った日々(2) 初めてのバンド 1970年代の思い出 | トップページ | 練習2012 No.16 2012.7.21 »

ロックに浸った日々(3) 文化祭 1970年代の思い出

高校2年の時の文化祭。
バンド演奏をすることになった我々。
バンド名などなかったと思う。
とにかく演奏することに意義がある。そんな感じだった。

クラスには、他にもギターの上手なやつがいた。
彼は学校外の友人とバンドをやっていた。
その彼のバンドと我々と2つのバンドで教室を使うことになった。
おいらはドラムなど持っていなかったから、その友人のバンドの
ドラマーのドラムを借りて叩くことになった。

椅子や机を後方に下げて積み上げた飾り気のない教室で我々は演奏した。
ドラムセットも決して立派なものではなかった。
しかし、音の良し悪しは問題ではなかった。
Black Night, Into The Fire, Heart Breaker, 孤独の叫び, ・・・
我々は、あまり客の入らない教室でただロックを響かせて演奏した。
単に大きな音を出すことで開放された。
そんな気がする。


高校3年の時の文化祭。
継続的にバンド活動をしていたわけではなかったけれど、我々は
昨年に続いてバンド演奏をした。
同じメンバーだったのだろうか。それしか選択肢はないのだが。
その辺の記憶が何とも不確かなのは情けない限りだ。

しかし、3年の時の文化祭には、また忘れられない思い出がある。

ひとつは、2年の時に比べると、ちゃんと聴いてくれるお客がいた
ということ。
演奏の合間にはベルボトムジーンズの似合う女の子たちと話もしたり。
ミュージシャンはモテる、という錯覚に陥ったのはこの時だった
のかもしれない(笑)。

もひとつは、ギターとベースを抱えたK高校の生徒が我々の部屋を
訪れたこと。
もちろん面識も何もない。
しかし、初めて顔を合わせた彼らと意気投合し、その場で一緒に
演奏することになった。
ハイウェイ・スター、スモーク・オン・ザ・ウォーターなどを演奏した。

彼らは上手かった。軽いアクションさえ身につけていた。
演奏もしやすかった。
このとき、セッションの楽しみを覚えたような気がする。
話をしてみると彼らはまだ高校1年生だった。
きっと「乱入慣れ」していたのかもしれない。
さすがK高校だな、と感心したのを思い出す。

なんだかんだ言っても、高校時代はロックのおかげで楽しく過ごさせてもらった。
ブログのタイトルは「70年代頃のジャズ」だが、やはりロックには感謝しないといけない。


The End


追記: 奇しくもこの記事をアップした日に、ディープ・パープルのジョン・ロード氏が天国へ旅立った。
また一人。。寂しい限りだ。
ここに謹んでご冥福をお祈りします。

Deep Purple - Highway Star (Denmark - 1972)

« ロックに浸った日々(2) 初めてのバンド 1970年代の思い出 | トップページ | 練習2012 No.16 2012.7.21 »

バンド」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

三連休の間、ずっと楽しみに拝読させていただきました。
何だか高校時代の教室や体育館のステージを思い出してしまいました。
私の高校生活は文学と受験勉強に明け暮れた毎日でしたが、
高校生の頃は三年連続、クラスで演劇の出し物をしました。
私は脚本を担当しました。私が脚本を書いたのはあの三本だけです。
私はいつも創作する側の人間で演じる側の人間ではありませんが、
人前で何かを披露するという心地よさ、それに相反する不安、
そういったものは相通ずるものがあるような気がします。
三日間で十代だった頃の私が何に向かおうとしていたのかを思い出すことの出来た記事を読ませていただき、初心忘るべからず、という言葉が脳裏に浮かびました。本当にありがとうございました。では^^

初めてであったそれまで知らなかった人とその場で演奏しちゃうなんて
乱入されたキーちゃんたちもすごいな
この楽しさは楽器が得意なひとの特権ですね
あこがれるなあ、いいなあ

うちの息子もロックを高校のときやっていて、授業がおわると勉強もせずにすぐ予約したスタジオに直行して楽しい高校生活(?)だったらしい
だったら、はやくエレキギターかしてくれー 親にも楽しさ分けろー
なんでも貸し倉庫の奥深く眠っているので、とりだすのがメンドクセーのだそうだ
あきらめて安物のフォークギターで練習する、おっさんでした

> 風みどりさん

いやはや、くだらない話にお付き合いくださり、ありがとうございますhappy01
もう40年も前のことですが、未だに覚えているので、綴ってみましたcoldsweats01
そうですね、人前で披露すること、気持ちいいですね。
拍手でもあれば尚更ですねnote

拙い内容、文章ですが、楽しんでもらえたようで嬉しく思いますhappy01
こちらこそ、ありがとうnote

> kiikobo さん
こちらのレパートリーに合わせたと思いますが、当時の流行り曲でみんな誰でも簡単に出来るような曲だったかと。

息子さん、楽しんでいたようで何よりですnote
何だかしまいこんでもったいない。。
たまには出して様子見た方がいいですよeye

きーちゃんが、ギター抱えて乱入してくれるのを
楽しみにしておりますぞhappy01

こんばんは。おじゃまします。
高校生の頃に思いっきり打ちこめる事があるって幸せなことなんだと、キンタポンさんのブログを拝読していて改めて感じました。私もブログで幼い頃からの音楽との思い出を書かせていただいていて振り返っている内に今まで感じたことのない感情や思いが感じられるのです。これって不思議な感覚です。(新しい発見です)キンタポンさんは如何ですか?(変な質問ですね。すみません)あ・・・とりとめのない内容になってしまいました。この頃korokoroはちょっと変です(初めからかもですが)。おじゃましました。footfoot

korokoro さん
最近は、こないだ、などと言っても、それが5年くらい前の話だったりします。それに比べて十代の頃は変化も色々、1年の密度も濃かったと思ったりします。しかも、しっかり覚えていたり。
高校生の頃、しらけていたかもしれないけれど、少しでも何かに夢中になれる時間、光り輝く瞬間があったなら、それでいいと今思います。
これだけ生きてくると、当時、主観的にしか見られなかったものが、少しは客観的に回顧できるような気がします。
変率、赤マル上昇中なんですか?(笑)暑いですしね~

やはりロックが最もロックらしく輝いていたのが70年代初期ですね。

先日も中学時代からの旧友とそんな話題になりました。

みな今の閉塞した状況を憂いていますがあの時代も同様に閉塞感が漂っていたのかもしれません。
ただ時だけは流れてゆく。

ちょうどこのブログが書かれたころに当時の主役たるディープ・パープルのジョン・ロードが亡くなったとのニュースが出てました。

またこの時期にファニーカンパニーでデビューした桑名正博が生死をさまよう重篤な状態とのこと。

ただ音楽は残り続けますね。
音楽は素晴らしい!
元気に生きているうちに楽しんで音楽を続けられることに感謝しなくては、と柄にもなく思う今日この頃でした。

> ROSSA田中さん
ロックの概念も人それぞれでみなちがと思いますが、70年代初期って
ロックを含む音楽、文化状況の変動がとても激しかったように思います。
サブカルほか、それまでにない様々な新しいムーブメントもあったような
気がします。
いつの時代も時は刻々と流れ、変化しているわけですが、転換期という
のでしょうか。

ロックも様々な個性をもったミュージシャンが自分たちの音楽を実践して
いたような気がしますよね。
私は、当時、新しものが好きだったので、そういったナウいwinkものにとても
魅力を感じていたように思います。今と正反対かもですcoldsweats01

ジョン・ロードがいたからこそ、パープルがあったみたいな気がします。
ミュージシャンも人の子ですから、不滅というわけにはいかないですね。
しかし、仰るとおり、残り続けますね。

アハ、たしかに、元気にいるうちに感謝しつつ楽しみたいですねnote

ワタシはこの時代、音楽とはあまり縁がなく、テニスばっかりやってたな。メチャ弱かったけど。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« ロックに浸った日々(2) 初めてのバンド 1970年代の思い出 | トップページ | 練習2012 No.16 2012.7.21 »

★ライブの予定

  • 5月21日(日)新緑まつり 国分寺本多公民館 エスニック・キッチン
無料ブログはココログ

最近のトラックバック