70年代ジャズ喫茶のマッチ箱

  • Dig
    ジャズ喫茶ではないものや80年以降なども混ざっていますが、ご容赦ください。

70~80年代のジャズコンサートのチケット

  • Yamashita_yosuke_montreux_afterglow_1976
    1970年代~80年代中頃のジャズ、フュージョンのコンサートのチケットです。

70年代~80年代初頭のロックコンサートのチケット

  • Led_zeppelin_1972_1003
    1970年代~80年代初頭のロックコンサートのチケットです。 説明文に間違いがあったらご容赦ください。

JAZZ CLUB タローの1974-1977 ライブ・スケジュール表

  • Jazz_club_taro_1977_03
    昔、新宿歌舞伎町にあったJAZZ CLUB タローの1974-1977 ライブ・スケジュール表です。1975年のみコンプリートです。

JAZZ CLUB PIT-INNの1974-1977 ライブ・スケジュール表

  • Pitinn_1977_02
    JAZZ CLUB PIT-INNの1974-1977 ライブ・スケジュール表です。どの年もコンプリートではありませんが。

70年代中央線沿いライブハウスのスケジュール表

  • Aketa_1977_01
    70年代半ば、中央線沿いライブハウスのスケジュール表です。少しだけですが。
2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

昔の音源

  • Woman I'm Tryin' 198X rec.
  • 楽園 198X rec.
  • 下町の女(ひと)198X rec.
  • Windows_1976_rec.
  • Spain 1976 rec.

« ロックに浸った日々(1) ロックの魅力 1970年代の思い出 | トップページ | ロックに浸った日々(3) 文化祭 1970年代の思い出 »

ロックに浸った日々(2) 初めてのバンド 1970年代の思い出

ロックに惹かれた私はドラムを叩きたくなった。
もちろんドラムなど叩いたことはない。
レコードを聴いてそれを真似ることから始めた。

バンドもやりたくなった。
ジミー・ペイジが好きなクラスメイトのM君とバンドやろう!ということになった。
ベースはビートルズ好きなI君がやるという。
ボーカルは、、困った。。いない。。
そんな話をしていたら、サッカー部のちょっとつっぱりなチビのFがやるという。
できるのか、、まあ、いいか。贅沢は言ってられない。

よし、放課後に音出しをしよう!
Mはグレコのレスポールモデルとアンプを携えて登校した。
おいらは、ドラムなんて持っていない。
とりあえず、皮なしのタンバリンを買い、それを持って登校した。
ベースのIは何も持ってきていなかった。。

いよいよ放課後だ。
音出しをするってんでギャラリーが何人か残っていたりする。
おいらはちょっと恥ずかしかった。
何せハードロックをやるというのに、バッグから取り出したのはタンバリンだ(笑)。

Mがアンプのスイッチを入れ、音を出す。
グヮ グヮ グヮ~~ン!
教室の窓ガラスが揺れるように音が響いた。
おお! ギャラリーも含め、皆が声を上げた。

よし、まずはツェッペリンのハート・ブレイカー!
Mが演奏を始める。
さすが完璧にジミー・ペイジをコピーしただけのことはある。
楽々とギターを弾きこなす。
おいらは、とりあえず、叩き方も知らぬタンバリンを、ジョン・ボーナムに
なったつもりで、とにかく振る。
ギターとタンバリンだけかよ!
知るかっ!

おお、それでも、とりあえず、無事に完奏した。
うん、これならいけるんじゃないか。
何となくそんな気がした。

よし、次は、パープルのInto The Fire だ!
ボーカルのF、歌えよ!
おお、さすがギターはバッチリだ。
タンバリンがビートを刻む。

おっ、ボーカルのF、一応歌詞を覚えてきたようだ。
まるで右翼系つっぱりの風貌のFが歌い始めた。
いいぞ、その調子!
そして、シャウトした!
Into the fire~♪

こうして、我々は文化祭でバンド演奏をすることを決定した。

(次回へ続く。)

« ロックに浸った日々(1) ロックの魅力 1970年代の思い出 | トップページ | ロックに浸った日々(3) 文化祭 1970年代の思い出 »

バンド」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

キンタポンさんが高校生の頃だと私は中学生でしょうか。
私も中学生の頃の文化祭には思い出があります。
当時はフォーク・ソングが真っ盛りな頃、同じクラスのM君が
フォーク・ギターを弾いてよく放課後に歌っていました。
彼は、かぐや姫の「僕の胸でおやすみ」ともう一曲オリジナルを
文化祭の舞台で歌いたいから「作詞をしてくれないか?」
と頼んできました。私が詩とか書いているのを知っていたからでしょう。
二人で作った曲は意外にも評判がよく、デモ・テープを作って送ったことも。
実は私はいつも「NASAで開発した」という言葉と、「日本一」という言葉と
楽器が出来る人に弱いのだと常々つぶやいています。
タイム・マシンがあるのなら、1970年代にタイム・スリップして
初演奏を聴いてみたいと思いました。では^^

> 風みどりさん

へえ、中学時代にそんな発表の機会があったとは凄いですねsign03
それは忘れられない思い出になりましたね☆

その三つは不思議な組合せですね。同時に登場しそうにないようなcoldsweats01

当時の音源は残っていませんが、そう言われると私も聴いてみたい気がしてきましたhappy01

いやー最近のキンタポン様のブログ面白いですねぇ〜
徐々に明らかになるキンタポンさまの若かりしころ
私も似たような経験が…

金沢での中学二年、1972年ごろだったと思います
初めてクラスメート三人でバンドやろう!ということになってやはり最初はビートルズ
三人とも持って来たのはみんなフォークギター…
やる曲はAnd I love her
ジャンケンでパートを決めリード、サイド、ベースが決まり、歌はなし…
たった一回で終わった貴重なパフォーマンスでした

いま金沢に帰っておりなんとソノ三人でこれから飲むんです
いやーお互い長生きしましたねって感じかな(笑)

> ロッサ田中さん
アハ、くだらない話におつきあいくださり、ありがとうございますnote
ナサケナイ街道、爆走中です。

中二でバンドでギター、、その頃おいらは高校でタンバリン。
私の基準からすると、充分に早熟ですね!
ちなみにおいらは中二の頃、学生服のままボール蹴りに明け暮れる少年でしたcoldsweats01

And I Love Her ♪ きしくもこないだ載せたビートルズナンバーですねshine

そんな友達と今、一緒に飲める!ワンダホですsign03
きっと旨い酒だったことと思いますgood

footfootfoot
eyeeye 続きが知りたいです。

キンタポンの青春日記にロッサ田中参戦ですね!すご。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« ロックに浸った日々(1) ロックの魅力 1970年代の思い出 | トップページ | ロックに浸った日々(3) 文化祭 1970年代の思い出 »

★ライブの予定

  • ライブ・・・
    ★8月5日(土)18時半スタート 狭山市入間川七夕まつり バンド名は「亞茶風見」です! 場所:入間川七夕まつり広場ステージ 交通:西武新宿線 狭山市駅 時間:亞茶風見の演奏は18:30~18:55の予定ですが前後する可能性があります。 メンバー:藤ともこ(三線,ウクレレ,Vo)、田中(Guitar)、渡辺(Violin)、私(Drums)、 ★8月20日(日)14時スタート すみだストリートジャズフェスティバル 8/18~20に行われる墨田区ひとつになる音楽イベント。 場所:VIBAR(ビーバー)押上駅前 東京スカイツリー東交差点 住所:東京都墨田区押上1-15-10 ヤユキビル 3F 時間:ROSSAの演奏は14:00~14:40の予定ですが30分ほど前後する可能性があります。メンバー:田中(Guitar)、渡辺(Violin)、私(Drums)
無料ブログはココログ

最近のトラックバック