70年代ジャズ喫茶のマッチ箱

  • Byg_20170811
    ジャズ喫茶ではないものや80年以降なども混ざっていますが、ご容赦ください。

70~80年代のジャズコンサートのチケット

  • Yamashita_yosuke_montreux_afterglow_1976
    1970年代~80年代中頃のジャズ、フュージョンのコンサートのチケットです。

70年代~80年代初頭のロックコンサートのチケット

  • Led_zeppelin_1972_1003
    1970年代~80年代初頭のロックコンサートのチケットです。 説明文に間違いがあったらご容赦ください。

JAZZ CLUB タローの1974-1977 ライブ・スケジュール表

  • Jazz_club_taro_1977_03
    昔、新宿歌舞伎町にあったJAZZ CLUB タローの1974-1977 ライブ・スケジュール表です。1975年のみコンプリートです。

JAZZ CLUB PIT-INNの1974-1977 ライブ・スケジュール表

  • Pitinn_1977_02
    JAZZ CLUB PIT-INNの1974-1977 ライブ・スケジュール表です。どの年もコンプリートではありませんが。

70年代中央線沿いライブハウスのスケジュール表

  • Aketa_1977_01
    70年代半ば、中央線沿いライブハウスのスケジュール表です。少しだけですが。
2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

« 海賊ラジオ 1970年代の思い出 | トップページ | ロックに浸った日々(2) 初めてのバンド 1970年代の思い出 »

ロックに浸った日々(1) ロックの魅力 1970年代の思い出

1970年代前半 高校生の私は、一時期ロックにのめりこんでいた。
ロック=ハードロック、そこには既存の音楽にはない破壊的な重い音があった。
ぶち壊せ! 反体制的な匂いに惹かれた。

と言っても、別に過激な生活を送っていたわけではない。
その辺にころがっている、よくいる高校生だった。

勉強は面白くなかった。成績もよくはなかった。
大体、勉強を一所懸命しているやつをバカにしていた。

じゃあ、何をやっていたかって、クラブ活動をするわけじゃない、
遊びに徹するでもない、不良にもなれない、学生運動も魅力はない、
熱くなれるものなんて何もない、
それでもしょうがなく、何となく学校に通っていた。
けっこうシラけたひねくれた高校生だったかもしれない。

ロックはそんなろくでなしのはけ口であったかもしれないが、
満たされない心の鬱憤を晴らしてくれる代弁者でもあったような気がする。

クラスメイトと学校帰りにロック喫茶に行くことが楽しみになった。
そこには、長髪を振り乱してロックに耽る若者がいた。
彼らと共に大音響に浸ることで生きている実感が得られた。

グランド・ファンク・レイルロード、ディープ・パープル、レッド・ツェッペリン、・・・
当時急速に来日し始めた外タレのロックコンサートにも行った。
彼らは華やかだった。やはりスーパースターだった。
大聴衆の中で聴く想像を超える大音量の音楽。
コンサートが終わった後しばらくの間治まらない耳鳴りさえ心地良かった。

しかし、ロックにのめり込む時間もそんなに長くは続かなかった。
結局、ロックという名前のものに、既知のものにない何かがあるという、
過剰な期待感を抱いていたのだろう。
様式化されたロックも所詮、商業主義に染まった音楽、というように感じ始めていた。
ロックは死んだ、などとほざいて、聴く時間は徐々に減っていった。

それでも、ロックが音楽であることに変わりはなく、今でも心の中の引き出しにそっと
しまってある大切な存在であることに変わりはない。

(次回へ続く。)

« 海賊ラジオ 1970年代の思い出 | トップページ | ロックに浸った日々(2) 初めてのバンド 1970年代の思い出 »

バンド」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

こんばんは^^毎回、キンタポンさんの高校生くらいの話を読むと、
私の送った高校生活とは真逆のような気がします。
わずかしか年齢が違わないのに、何だかまったく違う時代みたいです^^
私は一生懸命勉強したクチですし、JKの頃は自分の行く道を勝手に
決めていたというか、他には考えられないみたいな気がしていました。
亡くなった弟は高校生の頃にエレキ・ギターを弾いて母親によく文句を
言われていました。私は自分のブログに音楽の画像を貼り付けていますが、ギターを弾いて歌うミュージシャンが好きなのは、結構、弟の影響なのかもしれません。
誰しも引き出しの中にはいろいろなものが詰まっているんですよね^^
では^^また^^

> 風みどりさん
ようこそ!
そうでしたか。私たちの世代は中途半端で、高校時代はけっこうしらけていたような気がします。
でも、当時の仲間と会うと、熱い思い出話に花が咲いたりもしますhappy01

すばらしい、自立してましたね!きっと成績も良かったのでしょう!
弟さんの、ずっと忘れない思い出ですねshine

こんばんは。おじゃまします。
私が中学2年生(?)の頃、同級生のお友達の家へ遊びに行き、大きい密閉式のヘッドフォンでキングクリムゾンの音楽を大音量で聴かされ、頭がシュールになってしまった経験があります。bearingまじめに凄かったです。その後は、レッドツエッペリンの天国への階段とかを聴かされ、かなりトランス状態・・・(@@)になってしまった私です。footfoot失礼いたしました。(@@)

> korokoro さん
アハハ、中学二年で、キング・クリムゾンはなかなか刺激的だったことでしょうねhappy02
天国への階段、たしかにじわじわと、徐々に、高揚させられますね。
コカインに係わる歌詞らしいですね。。
ある面危険な音楽。でも魅力的です♪

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 海賊ラジオ 1970年代の思い出 | トップページ | ロックに浸った日々(2) 初めてのバンド 1970年代の思い出 »

★ライブの予定

  • ライブ・・・
    ★8月20日(日)14時スタート すみだストリートジャズフェスティバル 8/18~20に行われる墨田区ひとつになる音楽イベント。 場所:VIBAR(ビーバー)押上駅前 東京スカイツリー東交差点 住所:東京都墨田区押上1-15-10 ヤユキビル 3F 時間:ROSSAの演奏は14:00~14:40の予定ですが30分ほど前後する可能性があります。メンバー:田中(Guitar)、渡辺(Violin)、私(Drums)
無料ブログはココログ

最近のトラックバック