70年代ジャズ喫茶のマッチ箱

  • Dig
    ジャズ喫茶ではないものや80年以降なども混ざっていますが、ご容赦ください。

70~80年代のジャズコンサートのチケット

  • Yamashita_yosuke_montreux_afterglow_1976
    1970年代~80年代中頃のジャズ、フュージョンのコンサートのチケットです。

70年代~80年代初頭のロックコンサートのチケット

  • Led_zeppelin_1972_1003
    1970年代~80年代初頭のロックコンサートのチケットです。 説明文に間違いがあったらご容赦ください。

JAZZ CLUB タローの1974-1977 ライブ・スケジュール表

  • Jazz_club_taro_1977_03
    昔、新宿歌舞伎町にあったJAZZ CLUB タローの1974-1977 ライブ・スケジュール表です。1975年のみコンプリートです。

JAZZ CLUB PIT-INNの1974-1977 ライブ・スケジュール表

  • Pitinn_1977_02
    JAZZ CLUB PIT-INNの1974-1977 ライブ・スケジュール表です。どの年もコンプリートではありませんが。

70年代中央線沿いライブハウスのスケジュール表

  • Aketa_1977_01
    70年代半ば、中央線沿いライブハウスのスケジュール表です。少しだけですが。
2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

昔の音源

  • Woman I'm Tryin' 198X rec.
  • 楽園 198X rec.
  • 下町の女(ひと)198X rec.
  • Windows_1976_rec.
  • Spain 1976 rec.

« ダンモ50 コンサート 2011.10.30 | トップページ | 酔っ払い »

炭坑節の歌と踊り

以前から、盆踊りの「炭坑節」の拍子が気になっていた。
拍子が途中で裏返り、踊りとずれていく感じ。
でも、みな平気で規則正しく踊り続ける♪
いわゆる変拍子とは異なると思うが、一種のポリリズムか?

踊りながら、違和感を感じた方も少なからずいると思う。
ネットで多くの方が書いていますが、私も気になってきてしまい、暫く前に、考察?しました。
どこかでアタマは合うのだろうか?

【結論】
普通の盆踊りでは、歌と踊りの最初のアタマがピタリと合うことはまずない。
(数字関係、強くなく、間違いがあるかもしれませんが・・・)
あまり分かりやすく整理されていませんが、以下のとおり。

★炭坑節にも色々あり、
偶数拍バージョンと奇数拍バージョンがあるようです。

★例えば、↓

【偶数拍バージョン(鈴木正夫)】 5番まで 3分半くらい
1コーラス:一応66拍(コーラスによって間奏8拍増加)

【奇数拍バージョン(三橋美智也)】 4番まで 3分くらい
三橋美智也バージョンは、途中に奇数拍があり、裏返る。
(これが、やっかいなんですよねー、踊りは、歌の拍のオモテとウラがひっくり返ってもそのまま進行するが、太鼓は歌に合わせて奇数拍を入れて調整する・・・そうしないと、歌とズレが出てワケがわからなくなる。)
1コーラス:一応63拍
(三橋美智也でも、1曲全体の拍数が異なるバージョンがあるようです。バージョンによって前奏の拍数、間奏の有無の相違があるとか)

★一方、
踊りの拍数は、1セット26拍・・・この固定されたセットを繰り返す。

★そうすると、
前者(偶数拍バージョン)においては、1コーラス66拍と固定すると、
歌13コーラス、踊り33セットで、アタマが一致するということになりそう。

後者(奇数拍バージョン)においては、1コーラス63拍と固定すると、
歌26コーラス、踊り63セットで、アタマが一致するということになりそう。

★ところが、
前者も後者も、曲全体で見ると、前奏、間奏があります。
前者は、曲全体で一応354拍。
後者は、曲全体で一応276拍か、308拍。

★そうすると、
前者、後者とも、踊りの1セットの拍数26との最大公約数は2なので、一応、単純計算で、
いずれの場合も、1曲を13回連続して流すことにより、踊りとアタマが一致することになります。

踊りについては、
前者において、177セット
後者において、138セット、あるいは154セット 要するということです。

★これは、
絶え間なく曲を流して、踊り続けるとすると、
前者では、約45分
後者では、約50分
かかるということになりますでしょうか^^

★まあ、一般に、
曲を絶え間なく連続して流すことはなく、
1曲ごとに、歌と踊りを最初から開始するということが普通です。

だから、その1曲の中では、歌と踊りのアタマは合うことなく、終了ですね。
踊りの出だしをどこにするか、これも、自由、フレキシブルというか、人それぞれみたい。

★そもそも、
私は、この曲の出だしのアタマをどう捉えるのか、もよくわかりませんが、
要するに、理屈じゃなくて、みんなで一緒に踊りましょうということですね^^

★ああ、
おいらも暇人というか、物好きというか。。
まあ、こんなことせずとも、最初から予想のつく答えなのかもしれないけれど、
これで自分なりに納得できました。

« ダンモ50 コンサート 2011.10.30 | トップページ | 酔っ払い »

音楽」カテゴリの記事

コメント

うふふ、日本の民謡はこの裏返った感じがなんともキモチワルイのですが、演奏しているうちにだんだんキモチワルクなくなって、いや、ますます裏返ってみたくなったりするのです。
ニッポンジンは不思議だ!

ひゃらり~ひゃらり~こさま いつもコメントくださりありがとうございますsign03
アハハ 裏があるから表があって、オンビートとオフビートをいったりきたり、何だかよくわからないんだけどcoldsweats02、へっちゃらでホント不思議ですよねニッポンジンhappy01

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« ダンモ50 コンサート 2011.10.30 | トップページ | 酔っ払い »

★ライブの予定

  • ライブ・・・
    ★8月5日(土)18時半スタート 狭山市入間川七夕まつり バンド名は「亞茶風見」です! 場所:入間川七夕まつり広場ステージ 交通:西武新宿線 狭山市駅 時間:亞茶風見の演奏は18:30~18:55の予定ですが前後する可能性があります。 メンバー:藤ともこ(三線,ウクレレ,Vo)、田中(Guitar)、渡辺(Violin)、私(Drums)、 ★8月20日(日)14時スタート すみだストリートジャズフェスティバル 8/18~20に行われる墨田区ひとつになる音楽イベント。 場所:VIBAR(ビーバー)押上駅前 東京スカイツリー東交差点 住所:東京都墨田区押上1-15-10 ヤユキビル 3F 時間:ROSSAの演奏は14:00~14:40の予定ですが30分ほど前後する可能性があります。メンバー:田中(Guitar)、渡辺(Violin)、私(Drums)
無料ブログはココログ

最近のトラックバック