70年代ジャズ喫茶のマッチ箱

  • Byg_20170811
    ジャズ喫茶ではないものや80年以降なども混ざっていますが、ご容赦ください。

70~80年代のジャズコンサートのチケット

  • Yamashita_yosuke_montreux_afterglow_1976
    1970年代~80年代中頃のジャズ、フュージョンのコンサートのチケットです。

70年代~80年代初頭のロックコンサートのチケット

  • Led_zeppelin_1972_1003
    1970年代~80年代初頭のロックコンサートのチケットです。 説明文に間違いがあったらご容赦ください。

JAZZ CLUB タローの1974-1977 ライブ・スケジュール表

  • Jazz_club_taro_1977_03
    昔、新宿歌舞伎町にあったJAZZ CLUB タローの1974-1977 ライブ・スケジュール表です。1975年のみコンプリートです。

JAZZ CLUB PIT-INNの1974-1977 ライブ・スケジュール表

  • Pitinn_1977_02
    JAZZ CLUB PIT-INNの1974-1977 ライブ・スケジュール表です。どの年もコンプリートではありませんが。

70年代中央線沿いライブハウスのスケジュール表

  • Aketa_1977_01
    70年代半ば、中央線沿いライブハウスのスケジュール表です。少しだけですが。
2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

« Dear Mr. Woodrow Sonship Theus Jr. | トップページ | 炭坑節の歌と踊り »

ダンモ50 コンサート 2011.10.30

2011年10月30日(日)15:00開演 恵比寿ザ・ガーデンホール
通称ダンモ研(早稲田大学モダンジャズ研究会)創立50周年記念コンサートへ行った。

ジャズ漬けの学生時代を過ごした。
今はジャズ漬けではないけれど、何年か前からまた音楽活動を始めた。
へたっぴだけれど、音楽はかけがえのない友だち。
あの時代があって今の自分がいる。
ちょっと大袈裟、おこがましいが、ダンモ研は私のアイデンティティでもある。
長い間ご無沙汰していたが、特別な記念行事に出席させていただいた。

総合司会:バードマン幸田
司会:森田一義

出演バンド
◆創世記バンド
◆丸山繁雄スーパー・ジャズ・ボーカル・ダンモ・オールスターズ
◆プロ、アマ、ベテラン、若手混合で編成されるダンモ・セレクションズ
 Part 1 :3グループ  Part 2:3グループ(日野皓正氏ゲスト出演)
◆鈴木良雄=増尾好秋&小山彰太、寺下誠(日野皓正氏ゲスト出演)
ほかに
◆タモリ氏ボーカルを含むコンボの演奏 
◆タモリ氏の中洲産業大学教授の講義 など
(すべての出演者の名前を挙げたいところですが、省略させていただきます。)

コンサート前、居合わせた先輩Yさんにつられて、「JAZZ JAPAN」誌とオリジナルポロシャツ(2000円)を買った。
写真はポロシャツとコンサートのプログラム↓

Danmo_50_3

幸田氏の愉快なトークでコンサートは進行した。
約4時間近くにわたり、実に多くのダンモ研出身者、現役が演奏した。
プロで活躍されている方の演奏は勿論のこと、アマの方もジャズ演奏を続けていらっしゃるのだろう、流石上手で、ジャズを愛する気持が伝わってくる熱い演奏だった。

タモリ氏の中洲産業大学も久しぶりに見ることができた。流石だった、昔のままのエネルギー。
「力行」(カギョウではなく、リキコウと読む!鉄道の運転操作に関する用語)も知ることができた。
白鍵のみ使用によるチック、キースへのなり方?(笑)やキームのお話(部外秘?)もあったり。
タモリ氏のブルーススキャットも熱かった。
丸山繁雄氏の世界初?「パッションダンス」のボーカル版も聴けた。
いやあ色々楽しませていただきました!

盛り沢山の内容の充実したコンサートだった。
プログラムもダンモ研50年の歴史を網羅した立派なものだった。
コンサートを企画・運営された幹事及びスタッフの皆様 お疲れ様でした!

◆19:00過ぎから同じ恵比寿ガーデンプレイス内で場所を移し、OB会総会を兼ねた二次会が行われた。
200人近く?が参加した。
33年ぶりの仲間とも会うことができ、旧交を温めた。
増尾さん、チンさん、タモリさんなども至近距離で拝見した(笑)。
増尾さんは若い!そしてかわいい^^
増尾さんと一緒の写真も撮ってもらって、いい記念になった♪
あとで写真を見せてもらったら、同時代を過ごした先輩や後輩がけっこう会場にいたことが分かった。
その場では気づかず、失礼があったらお許しを。まあ、三十数年も経てば無理はないやね。

二次会では、希望者による演奏が行われていた。
予めセッションのメンバーを決めておき、グループ単位で順番に演奏を行っていたようだ。
アマでも演奏を続けている方たちなのだろう、みな上手い。若い世代の方の上手さにも驚く。
演奏希望者が多かったようで、私の番が来る前に会はお開きとなった。正直ホッとしたり^^

久しぶりに長時間にわたり大音量を浴び、しばらく耳鳴りがしていた。
それも心地良かった。

この記事も、書かなきゃと思いつつ、放っておいたら、あっという間に年末だ。
個々の出演バンドの演奏曲ほか、もう忘れてしまったりもしている。

このような催しはもう当分ないであろうし、おそらく最初で最後の経験かと思う。
楽しい一日だった。出席させてもらい、良かった。
幹事及びスタッフの皆様に感謝します!

« Dear Mr. Woodrow Sonship Theus Jr. | トップページ | 炭坑節の歌と踊り »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« Dear Mr. Woodrow Sonship Theus Jr. | トップページ | 炭坑節の歌と踊り »

★ライブの予定

  • ☆ライブ予定
    ☆10月28日(土)11時~国分寺市民音楽祭 西国分寺いずみホール エスニック・キッチン  ☆10月28日(土)神楽坂Mash Records 13:30~ 1,000円。Silent Storms(15:45~30分間)
無料ブログはココログ

最近のトラックバック