70年代ジャズ喫茶のマッチ箱

  • Dig
    ジャズ喫茶ではないものや80年以降なども混ざっていますが、ご容赦ください。

70~80年代のジャズコンサートのチケット

  • Yamashita_yosuke_montreux_afterglow_1976
    1970年代~80年代中頃のジャズ、フュージョンのコンサートのチケットです。

70年代~80年代初頭のロックコンサートのチケット

  • Led_zeppelin_1972_1003
    1970年代~80年代初頭のロックコンサートのチケットです。 説明文に間違いがあったらご容赦ください。

JAZZ CLUB タローの1974-1977 ライブ・スケジュール表

  • Jazz_club_taro_1977_03
    昔、新宿歌舞伎町にあったJAZZ CLUB タローの1974-1977 ライブ・スケジュール表です。1975年のみコンプリートです。

JAZZ CLUB PIT-INNの1974-1977 ライブ・スケジュール表

  • Pitinn_1977_02
    JAZZ CLUB PIT-INNの1974-1977 ライブ・スケジュール表です。どの年もコンプリートではありませんが。

70年代中央線沿いライブハウスのスケジュール表

  • Aketa_1977_01
    70年代半ば、中央線沿いライブハウスのスケジュール表です。少しだけですが。
2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

« 練習 2011 No.25 | トップページ | 練習 2011 No.26 »

13"タム 音出し02 2011.10.29

10.29(土)の練習終了後、マレットで2度目の音出し。
今回は、深胴の方はヘッドを、ヨレヨレのファイバースキン3からピンスト(パンストじゃないよ、REMO製のPINSTRIPEの略語)、ノーミュートに張り替えてきた。

【深胴の方】
音を聴いたH中さんには、
「サスティーンは浅いですが、バス+ズドン+ダンに雑味が加わったような音で、ヒトの原初的本能に届くような音。」との
的確で表現力に満ちた嬉しいお言葉をいただきました。
そう、そんな感じですねー♪

音を聴いていないT.ROSSAさんからは(笑)、次のお言葉をいただきました。
「・・・
私もまだ一度も聴いたことがない神秘の音ですね。
面白い音、アーシー、アフロっぽい?
ものは言い様考え様ですね。
なんとなく音が想像できるような・・・

グショ、ドピャ、ボゥム、ベチョ、ベム、ベラ、ベロ
はやく人間になりたい・・・ん?
・・・」

いやあ、まいりましたねー(笑) 人間がタムになろうとすることはたまにあるかもしれませんが、、タムが人間になりたがってるとは・・・気がつきませんでした。いつも撥やマレットで叩かれてばかりで、もう勘弁してくれっていう気持でしょうか。

グショ・・・何じゃこりゃ? 湿っぽくて元気なくない?
ドピャ・・・なんか変なやつが登場してきそう
ボゥム・・・これは雰囲気わかります!
ベチョ・・・前回のおいらの表現とほぼ同じ、何かを踏んじまって靴の裏にべったりみたいな

ベム ・・・アニメキャラの名前じゃないっす
ベラ ・・・少女マンガっぽくて可愛い~とか、美味しいチョコレートとか、というか
ベロ ・・・もうアッカンベエみたいな

非尋常な想像力を発揮してもらい、ありがたいことでしたが、
ベム、ベラ、ベロ、バーロー、ドスコイ、ってやんでえ、みたいな意表をつく音はしませんでした。

ガビ~ンとか、だよ~んとか、伸びる感じはなく、ボインとか元気に弾む感じでもなく、ダフッとか、バウとか減衰早く、沈む感じですかね・・・

とりあえず、前回のベチョッを脱出したと思います。
タムのヘッドの違いは、大きいですねー
今使用中のタムに比べて、もっとnativeな音とは言えるでしょう。
けっこう気に入りました♪
異国風の踊りで合わせてもらったら、けっこういい感じ。他の曲でどう響くかは未だ試してはいませんが、そこそこの音は出たと早くも言ってしまってよいでしょう。

【浅胴の方】
前回のままでは、やはりバーンだったので、ミュートしてみました。
時間がなかったので、ちゃんとしたミュートはできませんでした。
応急的に、100円ショップで買った窓ガラスに貼り付ける粘着材系のアクセサリーを使ってみました。2,3cm径のそれを5,6個、リム寄りに散りばめてペタッと貼り付けてみました。カラフルでお洒落(笑)
すると、バーンの鳴りは多少低減できました。
まだまだ調整が必要な感じはありますが、異国風の踊りでは、これはこれでありという感じ。

【むすび】
浅胴の方は、手持ちの13スネアを代用できるし、今のタムを切断深胴タムにすれば、13タムのケースにタムとスネア分の両方を入れられそう。
そうすると、14スネアのケース1個分荷物が減り、全荷物は、13"タムケース、シンバルケース、ハードウェアケースの3点となります!
荷物の小型化、軽量化は成功という結果が得られます!

次の軽量化は、ハードウェアかな。これは、椅子や、スネアスタンドの変更が一応、考えられるかな。
あと、小締め。これは代替品として、メロタムか、ロートタムが考えられるかな。ただ、その場合、ハードウェアの増量をどう軽減するか。。

ダイエットするには、さらに工夫が必要なようです。

« 練習 2011 No.25 | トップページ | 練習 2011 No.26 »

楽器・器材」カテゴリの記事

コメント

つたないメールを引用いただきありがとうございます。

私は子供のころから妖怪人間ベムが大変好きだったのです。
あの独特のタッチ、平和で日本的な丸顔ばかりのアニメキャラのなかで異彩を放っていました。

タッチが独特なのは当時としては珍しい韓国で作画され逆輸入された作品とのことです。
舞台は18世紀のヨーロッパ、この無国籍風な感覚はそんなところから生まれたのですね。

こんなに怖い、ホラーなアニメがあったとは今にしても驚きです。

導入部の城達也によるナレーションがまた素晴らしい。
「それはいつ生まれたのか誰も知らない。
暗い音のない世界で一つの細胞が分かれて増えてゆき、
三つの生き物が生まれた。
彼等は勿論、人間ではない。また動物でもない。
だがその醜い身体の中には正義の血が隠されているのだ。
その生き物・・それは人間になれなかった妖怪人間である。」

この後のテーマ曲がまた素晴らしい!
4ビートっぽいノリにフラット5thのブルーノートを多用したメロディ。
当時流行った数ある怪奇ものの番組中でもダントツでした。

人間以上に人間の悲しみや愚かさを知っているがゆえの妖怪人間たち。

最近実写版が放映され話題になっていますが、私にとってはやはり10歳のとき、昭和43年に放映された妖怪人間ベムなのです。
ベロの想定年齢も10歳ですから自分にとってベロは自分自身なわけです。

T.ROSSAさま コメントありがとうございます。
そうでしたか・・・T.ROSSAさんは正にベロだったのですね。
「妖怪人間ベム」のこと、私は知りませんでした。小学~中学の頃だから、知っていていいはずなのですが、記憶にありません。見ていなかったと思います。ちょっととんちんかんなこと書いたようです。

深遠な意味のあると思われる設定も面白そうなアニメですね。城達也のナレーションやテーマ曲、youtubeで聴いてみました。絵もインパクトがあり、これは記憶に残るのは頷けました。

タイトル、「妖怪人間ベラ」だと思っていたけど、「ベム」だったんですね。中身は忘却のかなたですが。
「妖怪人間ベラ」の印象が強いのは、五輪真弓のせいかも。

ひゃらり~ひゃらり~こ様 も、ご存知なんですね。おいらはなぜ覚えていないのか。。 かなり印象的なアニメなのに、これだけ記憶がないのは、見ていなかったからと思いますが、妖怪ものが、怖かったのかもしれません(笑)

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 練習 2011 No.25 | トップページ | 練習 2011 No.26 »

★ライブの予定

  • ライブ・・・
    ★8月5日(土)18時半スタート 狭山市入間川七夕まつり バンド名は「亞茶風見」です! 場所:入間川七夕まつり広場ステージ 交通:西武新宿線 狭山市駅 時間:亞茶風見の演奏は18:30~18:55の予定ですが前後する可能性があります。 メンバー:藤ともこ(三線,ウクレレ,Vo)、田中(Guitar)、渡辺(Violin)、私(Drums)、 ★8月20日(日)14時スタート すみだストリートジャズフェスティバル 8/18~20に行われる墨田区ひとつになる音楽イベント。 場所:VIBAR(ビーバー)押上駅前 東京スカイツリー東交差点 住所:東京都墨田区押上1-15-10 ヤユキビル 3F 時間:ROSSAの演奏は14:00~14:40の予定ですが30分ほど前後する可能性があります。メンバー:田中(Guitar)、渡辺(Violin)、私(Drums)
無料ブログはココログ

最近のトラックバック