70年代ジャズ喫茶のマッチ箱

  • Byg_20170811
    ジャズ喫茶ではないものや80年以降なども混ざっていますが、ご容赦ください。

70~80年代のジャズコンサートのチケット

  • Yamashita_yosuke_montreux_afterglow_1976
    1970年代~80年代中頃のジャズ、フュージョンのコンサートのチケットです。

70年代~80年代初頭のロックコンサートのチケット

  • Led_zeppelin_1972_1003
    1970年代~80年代初頭のロックコンサートのチケットです。 説明文に間違いがあったらご容赦ください。

JAZZ CLUB タローの1974-1977 ライブ・スケジュール表

  • Jazz_club_taro_1977_03
    昔、新宿歌舞伎町にあったJAZZ CLUB タローの1974-1977 ライブ・スケジュール表です。1975年のみコンプリートです。

JAZZ CLUB PIT-INNの1974-1977 ライブ・スケジュール表

  • Pitinn_1977_02
    JAZZ CLUB PIT-INNの1974-1977 ライブ・スケジュール表です。どの年もコンプリートではありませんが。

70年代中央線沿いライブハウスのスケジュール表

  • Aketa_1977_01
    70年代半ば、中央線沿いライブハウスのスケジュール表です。少しだけですが。
2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

« 練習 2011 No.23 | トップページ | J組クラス会 2011.10.6 »

是安くん

是安則克くん 今まで是安って呼び捨てにしかしたことがなかったのに。

9月23日に君が亡くなったとの悲報がメールに届いた。
アケタあたりにライブを見に行こうと思ったりしていたけれど、10月のダンモ研50周年記念コンサートに出演するということだったから、その時に会える、昔話もできるかな、と楽しみにしていた。大分前に、山下洋輔さんと共演する夢を見た。ベースは君だった。多分笑うだろうそんな話もしたいと思っていた。
25日のお通夜に参列した。彼を知るミュージシャンをはじめ多くの方々が参列していた。
あまりに早く逝ってしまった。残念でならない。
斎場に飾られた君のベースは使いこまれて年季の入ったものだった。君の長い音楽人生を物語っているようだった。
君の仲間でもある昔の仲間に会って気が紛れた。帰りにKさんとK君とくるみさんのZEKを聴きに寄った。

35年前、学生時代、1年間演奏を共にした。君は音楽の道に進んだ。私は普通に就職した。
長きにわたる豊富な君の音楽人生からすれば最初の頃のほんの一瞬の短い時間だったと思うけれど、私の音楽への係わりの中では最もジャズに浸っていた時期で、君が一番長い時間、一緒に演奏したベーシストだと思う。

ダンモ研に入ってからしばらくは、とっつきにくいやつ、と少し思っていたけれど、同じグループで一緒に演奏をしだしてからは打ち解けて、約1年間、ジャズ漬けの楽しく濃密な時間を過ごした。理工学部の電気通信学科に入学していながら、ジャズに没頭して、オレには不思議にも思えたよ。あの頃君とどんな話をしたのだろう。普段の練習後は、帰り道、喫茶店ルナに皆で寄ってよくお茶を飲んだけれど、他愛のない話やばか話が多かっただろうか。あまりまじめな話をした記憶は残っていないんだ。昔のことだし、当然かな。一緒に演奏するだけで十分というか、お互い大体分かるというか、そんな感じもあったかもしれない。

君のアパートにN君と一緒に居たとき、酒も飲んでいないのに君はなぜかハイテンションになって、やめろというのに、君は抱きついてきて、あの時は本当にいやで、オレは家に帰った。ときどき妙にはしゃいだり、子どもみたいなところがあったけれど、正直で、憎めない、いいやつだった。
夏のビータ、札幌では君の弟さんのアパートに一緒に泊めてもらったね。ありがとう。pのY君によると、札幌の地下街で、真昼間にみんなで大騒ぎしたって・・・そんなことあったっけ。覚えているわけないだろって言うだろうな。
京都のサンタクロースでのライブで、Windowsの演奏がアツくなって、セットが終わった時、「わあ、やばかった~♪どうなるかと思った~!」と愉快そうに笑っていたのが印象的。君のオジキにお世話になって、新宿のスタジオで録音もしたね。今になると、君には随分色々と助けられていたと思う。オレが社会人になってしばらくしてから、吉祥寺のLAOXだったと思う、ダンモの仲間を集めてセッションをしたことがあった。その時にも君は喜んで来てくれた。嬉しかった。

プロになってからの君のライブを聴きにいくと、君は、おお!元気かよー?と喜んでくれた。冗談半分に、オマエ誰だよ?なんて言われたこともあったような気もするけれど。アケタの店に行ったときは、回数券買ってもっと来いよなんて言っていた。スワンで話した時は、楠本さんのタイコがヒギンスみたいですごくいいんだと言っていた。プログレけっこう好きだよ、なんていうのも初めて聞いたような気がする。
しばらく前にサムタイムに行ったときは、休憩時間に色々な話につきあってくれた。ありがとう。身体をいたわって節制しているようだったし、真摯にプレイしていたね。かっこよかったよ。立派だと思った。
もっと君の演奏を聴きに行かなきゃと思っていた。今度聴きに行ったときには、ベースソロの途中で掛け声をかけてちょっと驚かせてやろうと思ったりしていたのだけれど。

君は、苦しい経験をしてそれを克服して、素晴らしいベーシストになって、素晴らしい演奏をして、多くの人々に愛され、尊敬されていた。
ご冥福をお祈りします。
君と演奏を共にした学生時代の1年間はほんとに楽しい貴重な時間だったし、光栄に思う。オレがそっちに行ったら、素人のオレだけどセッションに付き合ってもらいたい。

« 練習 2011 No.23 | トップページ | J組クラス会 2011.10.6 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 練習 2011 No.23 | トップページ | J組クラス会 2011.10.6 »

★ライブの予定

  • ☆ライブ予定
    11月25日(土)16時半より  クマガイヨウコ手織り展「冬への贈りもの」   亞茶風見にて鎌倉、由比ヶガ浜にて演奏します  場所:ジャック&豆の木    鎌倉駅西口出て御成通り方面から徒歩6分  住所:鎌倉市由比ガ浜2丁目 4-39 松田屋本店ビル1F  入場無料です
無料ブログはココログ

最近のトラックバック