70年代ジャズ喫茶のマッチ箱

  • Dig
    ジャズ喫茶ではないものや80年以降なども混ざっていますが、ご容赦ください。

70~80年代のジャズコンサートのチケット

  • Yamashita_yosuke_montreux_afterglow_1976
    1970年代~80年代中頃のジャズ、フュージョンのコンサートのチケットです。

70年代~80年代初頭のロックコンサートのチケット

  • Led_zeppelin_1972_1003
    1970年代~80年代初頭のロックコンサートのチケットです。 説明文に間違いがあったらご容赦ください。

JAZZ CLUB タローの1974-1977 ライブ・スケジュール表

  • Jazz_club_taro_1977_03
    昔、新宿歌舞伎町にあったJAZZ CLUB タローの1974-1977 ライブ・スケジュール表です。1975年のみコンプリートです。

JAZZ CLUB PIT-INNの1974-1977 ライブ・スケジュール表

  • Pitinn_1977_02
    JAZZ CLUB PIT-INNの1974-1977 ライブ・スケジュール表です。どの年もコンプリートではありませんが。

70年代中央線沿いライブハウスのスケジュール表

  • Aketa_1977_01
    70年代半ば、中央線沿いライブハウスのスケジュール表です。少しだけですが。
2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

昔の音源

  • Woman I'm Tryin' 198X rec.
  • 楽園 198X rec.
  • 下町の女(ひと)198X rec.
  • Windows_1976_rec.
  • Spain 1976 rec.

« 禁テレ | トップページ | 居酒屋デビュー! »

ヘアサロンでカット

先日、行きつけのヘアサロンでカットした。と言っても、ドア・トゥ・ドア10秒を切る超ご近所の床屋さん。
ヘアスタイルは、ここしばらくおいらの定番のマルガリータ、いわゆる丸刈り。なぜかというと、どうせもうかなり禿げてきてるんだし、下手に細工せず、ナチュラルでいこうと思って(笑)。
この床屋で、初めて丸刈りにするとき、坊主にしてくださいと頼んだら、坊主といっても、3分とか5分とか、剃りを入れるのもあるけど・・・?と訊かれた。剃りまではねえ、、お経読むわけじゃないし、極道でも、パンクロッカーでもない、、5分にしようか3分にしようか迷っていると、3分っていうとけっこう短いよ、と言うので、じゃあ、3.5分くらいでどうですか、って言ったら、そんなのない、との返事だった。以来、3分でお願いすることが多い。

一時、メジャーリーグの岩本選手など、ソフトモヒカンが流行ったことがあった。基本的に頭部中心線の毛髪量が少ない場合は困難なヘアスタイルだが、おいらもやってみたい気持もあって、尋ねたことがある。
「あのソフトモヒカンっていうんですかね、あんな感じにできますかね?」
「ウン、無理」と素直に即答された。ウソ偽りのない正直な床屋。

そういえば、モヒカンと言えば、おいらが小学生の頃、もう45年以上前のことだが、モヒカン刈りのおじさんが市内にいた。服装も派手で、昭和40年代頃だし、すごく目立った。なぜあんな格好をしているのか不思議だった。インデアンなのだろうか、ちょっと変わった怖い人のようにも思えた。親に訊いたら画家らしいということだった。そうか、、、子供心にも、芸術家は世間体などにとらわれず自由に自己表現するものなのだというようなことを感じた。そのおじさんはすごい人のように思えてきた。

話を戻そう。冒頭の床屋には、もうかれこれ30年以上通っている。もう長いこと、ここ一本槍だ。
勿論、よその床屋やパーマ屋に行ったこともある。
学生の頃、一時期通った新大久保のパーマ屋では、野口五郎のように、とか、清水健太郎のように、とかパーマをお願いしていたことがある。やさしいおネエチャンは吹き出しもせずに応じてくれた。なぜ、新大久保か、、多分、楽器(ドラム)屋への途中にあったから、かもしれない。
社会人になって広島に赴任してから行ったカットサロンの女の子は、けっこう可愛くてやたらニコニコして話しかけてくるので、この子はオレに気があるに違いないと思い、終わってからデートに誘ってみたら、あっさり断られた(笑)。
同じく広島で行った床屋では、オヤジに「やねこい髭」と言われた。やねこい、というのは広島弁で、やりにくいとか、難しいといった意味だ。文句を言うとらんでプロなら黙って剃りんさい!と言ってやりたかった。
市内のA町の床屋は、超ハイスピードで終了した。洗髪も髭剃りもなし、すげえテキトーだった。向こうにしてみるとコストパフォーマンスは高い。
以前やや近所にあった別の床屋のオヤジは、男のくせにやたらペラペラと話しかける。こっちは近所の噂話したくて床屋に行くわけじゃないのに。
その点、ほぼお隣に近い今の床屋は、こっちが喋らなければ、いらっしゃませ~ありがとうございました、の間一言も喋らないこともあるし、こっちが話せばのって応じてくれるし、作業は丁寧だし、マッサージ器を肩、背中、腰に当ててくれるし、マイベストな床屋さんだ。

------------
というわけで、行きつけの床屋さんに行った。
こんにちはーとドアを開けると、人の気配がない。いませんかー?と言うと、やっと返事があった。食事中かな。後で来ましょうか?と言うと、待っててというので、座り心地の良くないソファに座って新聞を読んだ。
しばらくして、お待たせしました、とマスターが出てきた。いつもと同じで、とお願いして開始。

電動バリカン完了後、洗髪し、髭剃りタイム。丁寧に剃ってもらうと剃刀負けするので、ここんとこ、ザッとでけっこうです、とお願いしている。床屋で初めて髭剃りをしてもらった時は、おいらも大人の仲間入りだと嬉しく思ったことがあったっけ。

さて、先ず蒸しタオルを当てて暖める。それから、太い筆のような道具、シェービングブラシというのですかね、あれで泡を皮膚につける。
これが、おいらにとってはけっこう問題。というのは、あれで泡を塗られると、くすぐられているような感じがしちゃうことがあるのだ。
父が存命の頃、あれはくすぐったくないかと訊いたことがある。いや、気持いいじゃないか、との返答だった。そうか、気持いいものなのか、俺もそう思い込もうとしたこともあったが、一度、くすぐったいと思うと、くすぐったいものという先入観が定着気味で、どうも笑いを堪える感じになってしまう。いい歳したオヤジがヘンですかね。でも多分そういう方いるでしょうね。
ま、今回は吹き出さずに済んだ。吹き出してしまうのを避けるためには、気分の良い時には床屋に行かない方がいいのかもしれない。

で、泡塗り完了後、剃刀で髭剃りなのだが、ここの床屋さんはラジオをつけてることが多くて、その日も、TBS、久米宏「ラジオなんですけど」という番組が流れていた。あっ久米宏、久しぶりですぅ、、テレビの後半時代より伸び伸びしてますねー、なんて髭剃り前に話をしていたのだけれど、、これから書く出来事は、剃刀当て開始後のことだった。

クイズに当選するとお米10Kgをプレゼントというコーナーで、その当選者を発表するという場面だった。当選者4人の名前が次々に挙げられ、5人目の当選者にはこれから直接電話をするという。まあ、よくある手法だよなあと思いながら聞いていた。
大体次のようなやりとり。
「もしもし、久米宏ですが○○△△さんのお宅ですか?」
女性の声で、「はい。。主人は、、今出かけていますが・・・」
「今、ラジオなんですけどという番組の生放送中で、私は久米宏なんですが、お米10kgが当りました!」
「へえ、そうなんですか・・・」
久米宏は、電話に出た女性に信用されていないとでも思ったのだろうか、
「・・・私、久米宏ですが、・・・これ、イタズラ電話だと思ってません?」
すると、女性は「いいえ、そんなことないです。声がそっくりで・・・」
そっくり・・・・・・??

えっ、声がそっくりならニセ者じゃないの? 声がそっくりなホン者って?? んんん、何かヘンじゃない?
ちょっとした表現のあやで、別に気にとめなければ済む普通の会話なのだが、ここでオイラは笑いのツボにはまってしまいました。
ブハッ、思わず、吹き出してしまいました。剃刀を当てている最中に。。
おおっー、あぶねえーー」床屋のマスターがのけぞりました。
たしかにあぶないです。血を見るところです。
「すみません、可笑しくなっちゃって。」と謝りましたが、一旦可笑しくなると、おさまるまで時間がかかります。
再開後、しばらくしてピクッ、また吹き出しそうに。。
「おおっーー」また、マスターがのけぞりました。
のけぞるマスターを薄目で見上げて、また湧き上がる笑いを堪えました。
その日の髭剃りタイムはいつもより早く終了したような気がします(笑)。

そういえば、髭剃りタイムは、目をつぶっているので、うたた寝してしまうこともあります。
これも危険な事態を招くことになります。そう、剃刀を当てている最中に、カクンと首が動くことがあるのです。
その時も、マスターは、「あっぶねえー」と言ってのけぞります。
さすがお客に対して文句は言いませんが、無言ながらも、マジに寝るなよ、という声が聞こえるようです。

我ながら、オイラが床屋だったら、オイラみたいな客は勘弁だなあと思います。

« 禁テレ | トップページ | 居酒屋デビュー! »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 禁テレ | トップページ | 居酒屋デビュー! »

★ライブの予定

  • 5月21日(日)新緑まつり 国分寺本多公民館 エスニック・キッチン
無料ブログはココログ

最近のトラックバック