70年代ジャズ喫茶のマッチ箱

  • Byg_20170811
    ジャズ喫茶ではないものや80年以降なども混ざっていますが、ご容赦ください。

70~80年代のジャズコンサートのチケット

  • Yamashita_yosuke_montreux_afterglow_1976
    1970年代~80年代中頃のジャズ、フュージョンのコンサートのチケットです。

70年代~80年代初頭のロックコンサートのチケット

  • Led_zeppelin_1972_1003
    1970年代~80年代初頭のロックコンサートのチケットです。 説明文に間違いがあったらご容赦ください。

JAZZ CLUB タローの1974-1977 ライブ・スケジュール表

  • Jazz_club_taro_1977_03
    昔、新宿歌舞伎町にあったJAZZ CLUB タローの1974-1977 ライブ・スケジュール表です。1975年のみコンプリートです。

JAZZ CLUB PIT-INNの1974-1977 ライブ・スケジュール表

  • Pitinn_1977_02
    JAZZ CLUB PIT-INNの1974-1977 ライブ・スケジュール表です。どの年もコンプリートではありませんが。

70年代中央線沿いライブハウスのスケジュール表

  • Aketa_1977_01
    70年代半ば、中央線沿いライブハウスのスケジュール表です。少しだけですが。
2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

« 2010 練習No.34 | トップページ | ことよろ »

刺客 タヌキかレッサーパンダ

大分前、12月6日(月)の未明のこと。

ガシャン!庭のあたりで何かを引っ掛けて倒したような物音がして、目を覚ました。

じっと耳と傾けると、何か気配を感じる。ゆっくりと忍び足でオイラの寝てる部屋へ近づいてくる。枯葉が地面に積もっているから、歩を進めるとカサッと音がする。気のせいではない。

刺客か。。。オレは竜馬じゃないぞ、と思いつつ、襲撃者との格闘を覚悟した。木刀は・・・ない。。。 そうだ、枕元にスティックがあるはず、、強力な武器とはいえないが、ないよりましだろう、16連打攻撃してやるぞと。 しかし、暗くて見つからない。

刺客に悟られないように、こっちもそっと行動する。木戸を開けて侵入してくるなら、鈴の音がするはず。。が、しない。。 うーむ、人間ではないのか。。そばにあったルーチョンキを手に持ち、障子戸をそぉっと開く。外は未だ暗くてよく見えないが、ガラス戸の向こうに人影はないようだ。

よし、オレは思い切ってガラス戸を開けた。謎の生物にルーチョンキ攻撃する体勢を整えて。

いた!それは四足動物だった! 距離は約1.5m。オレは、すかさずルーチョンキを噴射した!

四足動物は、逃げると思いきや、ゲッ、待ってましたとばかりにオイラに飛びかかるような勢いで向かってきた。ウッ、、こいつ、平気なのか!?

オイラはさらにルーチョンキを目一杯押して連続噴射する。シュッーーーーー!!

敵は、オイラの手元まであと30cmのところでルーチョンキが兵器であることがわかったようで、やっと退散した。といっても、数メートル先の草陰に一時退避しただけのようだ。

一体何者だ? まあ人間じゃなくてよかった。ホッ。とりあえず、安心できたし、深追いして噛まれたりしても困るので、捕物帖は閉幕することにした。

しかし、あの動物は一体何者だったのか。未明でまだ暗くてよく見えなかった。大きさはネコくらいだが、やや足が短く、しっぽが太かった。そして、鼻先が少し尖っていた。ネコならば、ルーチョンキ攻撃に向かってはこないだろう。 それに泣き声もネコとは違う、クゥウ~~ンというような聞きなれない声。

昨日テレビでレッサーパンダを見た。 やはり似てる。。 刺客は、タヌキかレッサーパンダに違いないと思っているhappy02

« 2010 練習No.34 | トップページ | ことよろ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

ひゃ~~、なんだったんでしょう!

しかしこの寒いのに、よくぞルーチョンキが手元にあったものです。
素手で戦うのは怖いですものね、よかったよかった。
レッサ-パンダ似の謎の生物。
ルーチョンキにひるまないとは、いったい何者なのでしょう。
鳴き声も聞いたんですよね。
何か、言いたいことがあったのでしょうか。

ひゃ~~らり 様
ルーチョンキも団扇もあったりして(笑)。
敵は正体不明だったから、こっちも真剣でした(笑)。勢いよく向かってきたので、びっくりでした。ほんとおまえは一体何者なんだよ~って感じ。。
泣き声・・・クゥウ~~ンみたいな、やはりレッサーパンダ系ですよね(笑)。何か言いたいことあったのかもしれないけれど、甘えてる感じはしなくて、何か企んでるようで(笑)、おいでおいでという気持にはなれませんでした(笑)。
懐中電燈に電池が入ってなかったんで、照らせなかったんですよね。今思えば、携帯のライトとかで照らしてみてもよかったかなと。でも、その時はそんな余裕はなくて、とにかく、もうどこか行っちゃってくれ!てな気分でしたあ。

昨晩、同じ思いをしました~
確実に気配を感じましたが
出る勇気ありませんでえした~crying

ガラス戸一枚、カーテンの向こう側。。気になる…

あれも パンダのしわざなのでしょうかcoldsweats02

恐ろしい人よりも 恐ろしいパンダが良いかも…bearing

スティーブ(???でしょ) さま あらまあ、怖かったでしょ~coldsweats02
極太のスティックを枕元に置いとこうねhappy01 
で、私の場合、今朝、出来事が判明しましたよsign03
あとでブログに書きますsign03

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 2010 練習No.34 | トップページ | ことよろ »

★ライブの予定

  • ☆ライブ予定
    11月25日(土)16時半より  クマガイヨウコ手織り展「冬への贈りもの」   亞茶風見にて鎌倉、由比ヶガ浜にて演奏します  場所:ジャック&豆の木    鎌倉駅西口出て御成通り方面から徒歩6分  住所:鎌倉市由比ガ浜2丁目 4-39 松田屋本店ビル1F  入場無料です
無料ブログはココログ

最近のトラックバック