70年代ジャズ喫茶のマッチ箱

  • Byg_20170811
    ジャズ喫茶ではないものや80年以降なども混ざっていますが、ご容赦ください。

70~80年代のジャズコンサートのチケット

  • Yamashita_yosuke_montreux_afterglow_1976
    1970年代~80年代中頃のジャズ、フュージョンのコンサートのチケットです。

70年代~80年代初頭のロックコンサートのチケット

  • Led_zeppelin_1972_1003
    1970年代~80年代初頭のロックコンサートのチケットです。 説明文に間違いがあったらご容赦ください。

JAZZ CLUB タローの1974-1977 ライブ・スケジュール表

  • Jazz_club_taro_1977_03
    昔、新宿歌舞伎町にあったJAZZ CLUB タローの1974-1977 ライブ・スケジュール表です。1975年のみコンプリートです。

JAZZ CLUB PIT-INNの1974-1977 ライブ・スケジュール表

  • Pitinn_1977_02
    JAZZ CLUB PIT-INNの1974-1977 ライブ・スケジュール表です。どの年もコンプリートではありませんが。

70年代中央線沿いライブハウスのスケジュール表

  • Aketa_1977_01
    70年代半ば、中央線沿いライブハウスのスケジュール表です。少しだけですが。
2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

« 2010 練習No.19 新曲 | トップページ | 2010 練習No.20 面白い楽器「フルス」 »

コソボフィル♪

先月末、バンドメンバーの方に誘ってもらい、オーケストラの演奏を聴きに行きました。

2010年7月25日(日) 昭和女子大学 人見記念講堂
管弦楽(合同オーケストラ)
 コソボフィルハーモニー交響楽団と平和を願う日本の音楽家
指揮
 柳澤寿男(コソボフィルハーモニー交響楽団主席指揮者)
司会
 石田ひかり
ソリスト
 ソプラノ 大岩千穂 アルト 竹本節子
 テノール 村上敏明 バリトン 成田博之
合唱
 国分寺市音楽連盟合唱団

一部はそれぞれコソボの作曲家による二つの作品。
弦楽オーケストラと打楽器のための「スピリット・オブ・トラディション」
(バルトン・ベチリ作曲)
弦楽オーケストラとティンパニーのための「LOTTAPACE」
(バキ・ヤシャリ作曲)

 7/8拍子を取り入れ、民俗的な感じとモダンな感じもあり、楽しめました。とてもよかったです。

二部はモーツァルトのレクイエム

 200名を超える合唱団、大迫力、見事に調和し、素晴らしかったです。

オーケストラの演奏会など殆ど行ったことがなかったので、不安な気持で行きましたが、司会者の方と指揮者の方とのお話があり、親しみやすい演奏会で、楽団のこれまでの経緯や現状などもわかってよかったです。

演奏が終わったあと、指揮者の柳澤さんは作曲家、演奏家の方々と抱擁しあっていました。
長い間拍手が鳴り止まみませんでした。今日の演奏と、オーケストラのこれまでの活動に対する共感、賛辞やこれからの活動に対する応援、激励の意味も込められていたように思います。

音として外に表れる音楽のほかに、音楽が人間の活動であるゆえに係わりが生じてくる国家、民族、戦争といったテーマについて考えさせられる機会となりました。

今回行って聴けてよかったと思います。

« 2010 練習No.19 新曲 | トップページ | 2010 練習No.20 面白い楽器「フルス」 »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コソボフィル、よかったですね。
オーケストラもとてもよかったですが、200人を超える国分寺音楽連盟の合同合唱団がすばらしかったです。
合唱が始まって数秒のうちに、私はウルウルしてきちゃいました。
知り合いも何人かはいっていますが、同じ国分寺だからという身びいきは無いです。
こんなに合唱が凄いとは、全く予想しないで行ったのですから、あの合唱が始まった途端、その響きの迫力にひっくり返りそうになって、いやあ頑張ったなあと思ったらジーンと来ました。

昨日、合唱団の中で歌っていた人にたまたま会って、すばらしかったと伝えたら、「指揮の柳沢先生が歌わせてくれちゃうのよ」とおっしゃっていました。
いくら指揮者が素晴らしくても、合唱団がよほど鍛えていなかったらあそこまでは歌えませんが、たしかに、指揮者が歌わせてくれちゃうという面もあるのかも。
柳沢先生の指揮は、非常に明確で、私は今まで見た識者の中で一番好きだと思いました。
私は客席にいたわけですが、なんだか合唱団やオーケストラの一員になって指揮者の指示を受け止めているような気持ちにさせられました。
とにかく、ピタっ、ピタっとハマって、非常に小気味よい感じがしました。

私たちは普段、指揮者の居る音楽というのはやっていませんが、奏者同士が明確に意思を伝え合うという意味では同じだなと思いました。

200人ってすごい人数ですよね。ステージへの入出も時間のかかること(笑)。そんな多人数が調和するのはとても大変なことですよね。皆さん一所懸命努力されたのでしょうね。
前から2列目という席で、演奏者を間近に見ることができたのもよかったです(打楽器奏者やソリストは殆ど見えなかったけど、笑)。
いいコンサートでした。ありがとうございました♪

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 2010 練習No.19 新曲 | トップページ | 2010 練習No.20 面白い楽器「フルス」 »

★ライブの予定

  • ☆ライブ予定
    11月25日(土)16時半より  クマガイヨウコ手織り展「冬への贈りもの」   亞茶風見にて鎌倉、由比ヶガ浜にて演奏します  場所:ジャック&豆の木    鎌倉駅西口出て御成通り方面から徒歩6分  住所:鎌倉市由比ガ浜2丁目 4-39 松田屋本店ビル1F  入場無料です
無料ブログはココログ

最近のトラックバック