70年代ジャズ喫茶のマッチ箱

  • Byg_20170811
    ジャズ喫茶ではないものや80年以降なども混ざっていますが、ご容赦ください。

70~80年代のジャズコンサートのチケット

  • Yamashita_yosuke_montreux_afterglow_1976
    1970年代~80年代中頃のジャズ、フュージョンのコンサートのチケットです。

70年代~80年代初頭のロックコンサートのチケット

  • Led_zeppelin_1972_1003
    1970年代~80年代初頭のロックコンサートのチケットです。 説明文に間違いがあったらご容赦ください。

JAZZ CLUB タローの1974-1977 ライブ・スケジュール表

  • Jazz_club_taro_1977_03
    昔、新宿歌舞伎町にあったJAZZ CLUB タローの1974-1977 ライブ・スケジュール表です。1975年のみコンプリートです。

JAZZ CLUB PIT-INNの1974-1977 ライブ・スケジュール表

  • Pitinn_1977_02
    JAZZ CLUB PIT-INNの1974-1977 ライブ・スケジュール表です。どの年もコンプリートではありませんが。

70年代中央線沿いライブハウスのスケジュール表

  • Aketa_1977_01
    70年代半ば、中央線沿いライブハウスのスケジュール表です。少しだけですが。
2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

« 電車内で | トップページ | 1973 »

ドラマーと体型

中学生の頃、保健体育の教科書に、クレッチマーの、やせ型、筋骨型、太り型という体型による気質分類というのがあった。
 やせ型:分裂質
 筋骨型:粘着質
 太り型:躁鬱質
簡単で分かりやすいので覚えている。ちなみにおいらは分裂質か。が、やせが太ったら気質も変わるのだろうか、わからない(笑)。

さて、ドラマーにも色々な体型の人がいるが、ドラマーの体型とドラミングには何か因果関係があるのだろうか。
ちょっとドラマーを思い浮かべて体型別に挙げてみよう。ただし、実際の身長、体重はわからないので、見た感じの推定もある。

【やせ型】
背低
 トニー・ウィリアムス(初期)
 サンシップ・テウス
 アル・フォスター
 レニー・ホワイト(昔)
 日野元彦

中背
 チャド・ワッカーマン
 チャーリー・ワッツ
 則武裕之   
 YOSHIKI

背高
 ブライアン・ブレイド
 レボン・ヘルム
 ジンジャー・ベイカー
 ドン・ブリューワー
 シンディ・ブラックマン?
 神保 彰

【筋骨型~中肉】
背低
 アート・ブレイキー
 スティーブ・ガッド
 デイブ・ウェックル
 アレックス・アクーニャ
 テリ・リン・キャリントン
 ジョージ川口
 古澤良治郎
 菅沼孝三
 大坂昌彦
 湊雅史
 
中背
 テリー・ボジオ
 エリック・グラヴァット
 コージー・パウエル
 グレッグ・ビソネット
 ビル・ブラフォード
 ジャック・ディジョネット
 アンドレ・セカレリ

背高
 エルビン・ジョーンズ
 リック・マロッタ
 ビニー・カリウタ
 トーマス・ラング
 カーマイン・アピス
 ラルフ・ピーターソン(昔)
 ハーベイ・メイソン(昔)
 村上秀一
 東原力哉

【太り型】
背低
 バーナード・パーディ
 ジェフ・ワッツ
 デニス・チェンバース(筋骨型かな)
 トニー・ウィリアムス(後期)
 
中背
 バディ・マイルス
 ジョン・ボーナム
 ピーター・アースキン
 ビリー・コブハム(筋骨型かな)
 
背高
 ラルフ・ピーターソン(今)
 ハーベイ・メイソン(今)

ああ、分けるのけっこう難しい。ちょっと適当な分類になってるかな(笑)。やせ型の筋肉質とか、太り型の筋肉質とかいるし、体型変化で太ったり痩せたりする人もいる。
挙げたドラマーに偏りがあるかもしれない。もっと沢山のドラマーを挙げないといけないか。メタル系などのドラマーなど挙がっていない。
が、楽器の中で一番肉体労働と思われるドラムであるが、ボブサップのようないわゆるマッチョな大男のドラマーって案外思い浮かばないものだ。

で、クレッチマーの分類をドラミングに当てはめてみよう。

●やせ型ドラマー:分裂質→分裂系ドラミング・・・融和を嫌う・・・アドリブ、意外性重視? 

●筋骨型ドラマー:粘着質→粘着系ドラミング・・・執拗に繰り返す・・・グルーブ重視?

●太り型ドラマー:躁鬱質→躁鬱系ドラミング・・・はしゃいだり、急に大人しくなったり・・・気分次第、メリハリ重視?

う~ん、、、ひどいなあ(笑)。
前記ドラマーと照らし合わせてみると、傾向として一部当っている部分があるように思うが、外れの部分も多々あり。
ドラミングは、音楽表現であり、ドラマーの持つ様々な感性が混ざってできるものだから、一概にこれって決めつけられない。

分裂系、粘着系、躁鬱系が適度に融合したドラミング(笑)こそ素晴らしいような気がする。
っていうか、大体みんな大なり小なり混ざっているのが普通か(笑)。

結局、ドラマーの体型とドラミングの因果関係、結論は、あるようでないような。。
どうも答のないものを考えてしまう。無駄が多い(笑)。

« 電車内で | トップページ | 1973 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

もと痩せ型で、途中筋骨型で、今太り型でチビの太鼓打ち、もしくは笛吹きの気質はいかに?
分裂、粘着、躁鬱、全部あたってますなあ。

はじめまして
記事のコメントではないのですが
ジャズ喫茶やコンサートチケットなど
まさに高校から大学時代に戻って懐かしく拝見させていただきました
広島出身で高校時代よくジャズ喫茶に行っていたので
どこかでお会いしてたかも(79年頃)
特にマーマデュークはよく行きました(となりはオカマバー)
ママさんにもよくしてもらっていて料金を学割に
してもらったりアキヨシトシコビックバンドのチケットもらったり
しました。店をやめてから福岡のマイルスギルエバンス
コンサート会場で偶々お会いしました
色々思いではありますがマツヤの2階に喫茶があり
そこで広大生のバイトの人から生活向上委員会のチケット
を何枚か売らされた覚えがあります
多分行かれたことありますよね?
とにかく当時はジャズ喫茶色々ありましたが
多分今はサテンドールくらいじゃないでしょうか?
今京都に住んでいますのでよくわかりませんが。
よろしければ当時のマイナーな話題で盛り上がりましょう。

テリ・リン・キャリントンは、お嬢さんの頃はフツーだったと思うけど、近年はだいぶ育った(?)ようです。
この2~3年の間にどこかで見たと思うのだが(思い出せない)「おおーっ!」て思った記憶があります。
デニチェンは、ほんとに体格よいです。ドラマーやらなければボディーガードができるでしょう。
シンディーブラックマンは昨年ライフタイム・トリビュートバンドで見たけど、かっこよかったです。背丈は記憶にないなあ。
最近は知らないんだけれど、ブレッカーブラザースリユニオンのときのロドニーホルムズも痩せ系でした。いまはどうかな?
いずれにせよ、アメリカのドラマーは姿勢がいい人多いと思う。
背筋が強いんだろうか。

ひゃらり~さま ギャハハhappy01 オールマイティですね!羨ましいっス。・・・初期ひゃらり~さんを知らないんだよなあ。 あっしは、分裂一筋、まっしぐら50年でしょうか。。 

ごる様 コメントありがとうございました!大変嬉しゅうございます。
私は東京の人間なのですが、社会人になった1978-80くらいの間、広島市におりました。当時市内にあったジャズ喫茶には全部行っているはずなので、同じ空間で同じ空気を吸っていたかもしれませんね。
マーマデュークは79年に開店したのでしたっけ。。綺麗で洒落てて、アットホームで暖かい雰囲気で、落ち着ける、とても居心地のよいお店だったと記憶しております。温和で優しいママさんのお人柄の表れたお店だったかと。フュージョンなどもかけていましたっけ。。バニーブルネルの「Touch」をマーマデュークで聴いたような。。隣がおかまバー!というのは、入店しなかったせいか覚えていません(笑)。
生活向上委員会は、展示してるようにチケットも残っており、行ってますね。けっこうコンサートも行きました。バンドもやったり。
サテンドールは健在ですか。懐かしいです! マッチ紹介にも書いてますが、マスターにウェザーリポートの写真を焼いてもらった思い出があります。 ママさんがやっていた、シルバーという老舗のお店もありましたね。
広島で初めて入ったお店はジャズテットでした。未だ開店してそんなに経っていなかったかな。。ちょっとシャイな感じの若いハンサムなマスターでしたか。
ジャズクラブでしたっけ、幅広い木の階段を上った2F。カウンターがあって、ちょっと西部劇に出てくる酒場のような風情でしたか。。
何せ昔のことで忘れていることも多々ありますが、昨日のことのように覚えていることもあります。
当時は京都もジャズ喫茶の宝庫だったと思いますが、今残っているお店は少ないのでしょうね。。
当時の話などお話できれば私も嬉しいです、よろしくぅ♪

drmar 様  チワッス♪ テリリンは、たしか、むかーし、ライブアンダーザスカイでショーターのバンドで来たのでしたっけ。その頃のイメージが大ですが、今はおおーっって感じ、わかる気がしますhappy01 そういう人けっこう多いですよね。
デニチェンは、身体も目付きも迫力ありますよねえ。睨まれたら下向いちゃいますね。
シンディーブラックマン、姉御トニー、以前ビデオで見ましたが(実物も見たことあるような気はするんだけど)、スタイル抜群というイメージですが、そう、背丈はよくわかんないよねhappy01
アル・フォスターなんか、大きい人と思ってたら、実物はそんな大きくないんですよね。。
外国人のドラマーで唯一、華奢と感じたドラマーは、サンシップです。チャールスロイドやマッコイとやってたアフリカンなジャズ系ドラマーで、私の大好きなドラマーの一人です。 むかーし「東風」で来日したとき、演奏終了後、ステージ下に行って握手してもらったのですが、腕、細かったです。ああ、この細い腕でこんな凄いビートが繰り出されるのかと思いました。
アートブレイキーは、背丈は小さ目ですが、握手すると、グローブのように大きくぶ厚い手でした。

アメリカのドラマー、、まあ大体背筋は強いのでしょうね。
レボン・ヘルム(ザ・バンドの)、あの人は叩くときかなり猫背で変則的な姿勢ですね。まあそこがいいとこでもあると思います。
ブライアンブレイドも、個性的な姿勢、叩き方でしたっけ。。

普段の姿勢とドラム叩くときの姿勢って基本的に同じなんですかね。どうなんでしょうね、極端に変化する人は少ないのかな。。 叩くとき猫背、、叩くとき気をつけ、、テーマになるかな(笑)。

コメント返信有り難うございます。
ボクもじゃずてっとがはじめて入った店で暗いマスターと暗い客
の多い店でしたがアイスコーヒーはuccでもうまかった憶えがあります。前がレコード屋でよく良いのを見つけたら、マスターにリクエストして無かったら次仕入れるように頼んでました。10枚組サンベアコンサートも買ってくれました。なつかしいです。
チケットではチチヤスオールナイト!!行きました。高校2年の時です。夜中皆寝てて聞いてないのに阿川やすこが出てきたら
皆元気に起きてカメラ写してた大人達の姿に子供ながら憂いを感じました。
東京に兄が下宿してたので高校の時バイトして一週間
ジャズ喫茶&ピットインツアーに行きました(マッチ持ってますよ)
その時イントロやジョージのお店をはしごしました。
ほんまバカな学生でしたわ。
ボクも当時のマッチやチケット実家においてます。
あー懐かしかった。すいません独り言いろいろ書き込んで。
又、よせて頂きます!

ごる様 いかがわしい裏通りにあるジャズ喫茶って多かったけれど、じゃずてっとは、健全な大通りに面したビル内で、目立つし、入りやすかったですよね。たしかに明るい感じのお店ではなかったですね(笑)。まあ愛想のいいマスターって少なかったかもしれませんね。
私は、チチヤスとのうが高原のオールナイトが何だかごっちゃになってます(笑)。っていうか、大体オールナイトだから半分夢の中でもあり、よく覚えてません(笑)。当時阿川泰子さんは凄い人気でしたよね~。
イントロや、ジョージのジャズ喫茶、懐かしいですね~。私も高校生の時、京都のジャズ喫茶巡りをしましたあ(笑)。昔からバカ一直線で今日に至ってますわ(笑)。
オバカな記事が多いですが、お気軽にお寄りください♪

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 電車内で | トップページ | 1973 »

★ライブの予定

  • ライブ・・・
    ★8月20日(日)14時スタート すみだストリートジャズフェスティバル 8/18~20に行われる墨田区ひとつになる音楽イベント。 場所:VIBAR(ビーバー)押上駅前 東京スカイツリー東交差点 住所:東京都墨田区押上1-15-10 ヤユキビル 3F 時間:ROSSAの演奏は14:00~14:40の予定ですが30分ほど前後する可能性があります。メンバー:田中(Guitar)、渡辺(Violin)、私(Drums)
無料ブログはココログ

最近のトラックバック