70年代ジャズ喫茶のマッチ箱

  • Byg_20170811
    ジャズ喫茶ではないものや80年以降なども混ざっていますが、ご容赦ください。

70~80年代のジャズコンサートのチケット

  • Yamashita_yosuke_montreux_afterglow_1976
    1970年代~80年代中頃のジャズ、フュージョンのコンサートのチケットです。

70年代~80年代初頭のロックコンサートのチケット

  • Led_zeppelin_1972_1003
    1970年代~80年代初頭のロックコンサートのチケットです。 説明文に間違いがあったらご容赦ください。

JAZZ CLUB タローの1974-1977 ライブ・スケジュール表

  • Jazz_club_taro_1977_03
    昔、新宿歌舞伎町にあったJAZZ CLUB タローの1974-1977 ライブ・スケジュール表です。1975年のみコンプリートです。

JAZZ CLUB PIT-INNの1974-1977 ライブ・スケジュール表

  • Pitinn_1977_02
    JAZZ CLUB PIT-INNの1974-1977 ライブ・スケジュール表です。どの年もコンプリートではありませんが。

70年代中央線沿いライブハウスのスケジュール表

  • Aketa_1977_01
    70年代半ば、中央線沿いライブハウスのスケジュール表です。少しだけですが。
2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

« <続> マレット♪ | トップページ | Anthony Williams ! »

On drums, Tony Williams !

久しぶりにLPを聴きました。
最初、左のスピーカーから音が出ず、えっー?
が、コードを抜き差ししたり、ガタガタやってたら、音が 出たっ ホッcoldsweats01

聴いたのは、↓
V.S.O.P.ザ・クインテット/テンペスト・イン・ザ・コロシアム
メンバーは、ハービー・ハンコック(p) ウェイン・ショーター(sax)
フレディ・ハバード(tp) ロン・カーター(b) トニー・ウィリアムス(ds) 

そう、ドラムはトニー・ウィリアムスです。17歳でマイルスバンドに抜擢された天才ドラマー。
あ~ う~ん いやはや何とも いやはや何とも いやはや何とも いやはや何とも いやはや何とも いやはや何とも いやはや何とも いやはや何とも
かっこいいですnote シビレますnotes

時は1977年7月23日 東京・田園コロシアムでの収録、このコンサートあっしも行きました。
1964年、1966年の来日は当然見てないし、、生トニーを一目見たくて。
黄色のデカいGRETSCHのドラムセットと、同じく黄色のジャンプスーツshineに身を固めたトニーに度肝を抜かれましたthunder
もちろん演奏もぶっ飛びでしたhappy02
自由席で移動も自由にできたので、ステージの後ろから眺めたりもできました。

卓越したトニーのドラミングについては多くの方が語っていることでもあり、ここでは語りません(語れません、笑)。
トニかく トニーのドラムを聴くと、いつでも どこでも 何でもかんでも 何度でも 満たされますheart01
今週は 頭の中 トニー トニー トニー heart04

【トニーの思い出:トニーにシットと言わせた(言われた)男】
トニかく トニーってわけで、昔は来日する度に見に行きました。マウントフジ・ジャズフェスにもよく行きました。 で、ミーハーなので、サインを貰おう作戦。
出演者が宿泊するホテルマウントフジに行けば、ロビーや庭で彼らに会える。サインも貰える!

Ts3c0185_2

見事に作戦成功、彼らに出会えました。写真のとおり、レコードジャケットにサインもいただきましたhappy01
しかし、実はアクシデントがありました。
「あなたは私の最も敬愛するドラマーです!」みたいなことを言って、濃色ジャケ用に準備した白インクのペンをトニーに渡して書いて貰おうとしたら、インクが出ない!
そのペン、中にボールの入ったやつでした。新しいのになぜインクが出ない!一所懸命振って、出てきそうになったので、ああよかった、と、トニーに手渡しました。トニーはニコニコでもないけどサインしてくれました。
ところが、その時、うっ、突然白インクがドバッとあふれ出てしまい、トニーの手が・・・shock
あっちゃあああああ 演奏前のトニー様に何ということを、、、ヤバ、このインク、簡単には落とせないかもしれない・・・coldsweats02
「オオ、アイムソーリー・・・・・」 もうそれしか言えない。。
「Thank you very much !」「You are welcome !」と和やかに握手して終わるはずだったのにweep
一緒に居た従弟が後で言うには、トニー様 「オー、シット」 と言っていたと・・・・そりゃそうです。
というわけで、トニーの後にもらったハービーのサインは銀色のペンで書かれてます。

トニーがその後インクにどのように対応したかはわかりませんが
トニかく トニー様 あの時はほんとにごめんなさい。

« <続> マレット♪ | トップページ | Anthony Williams ! »

音楽」カテゴリの記事

コメント

いやあ、これはもう「家宝」ですね!

私も最近ライブに行く時はその人のCD持参です。
ジャズクラブの場合は終演後フロアに出てくる人もいるし、
「サイン会」を開き、自身のCDを買ってもらうような仕組みができてます。

上記のLPを見て思ったこと。
1)正式な名前はAnthonyなのですね。知りませんでした。
今マイルス・スマイルズのCDを見たのですが、クレジットは「Tony」でした。昔のLPではどうだったんですかね。
2)LPの右上を見ると、これはいわゆるカット盤ですか!?
当時はLP高かったですからね、私もセールでカット盤をまとめ買いしたのを思い出しました。

ついに出ました!レコ-ドジャケット!
次はやっぱりこれしかないだろうと。

それにしても、白や銀色のマジックペンは要注意ですね。
出ない、出ないと中のボ-ルを押していると、突然、ドバっと出るの、なんとかならないものでしょうか。
そのあと、トニ-さんは手をどうしたのでしょうねえ(笑)


megawattさま 「家宝」二段、認定しときます(笑)。さらなる有段者が知人にいるので(笑)

そう、最近は会場でCD直販サイン会したりしてますよね! 安心確実な仕組みですねhappy01
昔はサイン貰おうと思う人、案外少なかったかなあ。

1)多分、初期の頃は Anthony かと。いつ頃からか Tony に。。今度家にあるLP見てみましょう。
当時アンソニーと呼んでる古めの方もいましたが、VSOPのコンサートでは「トニー!」という掛け声がかかってました。トニーという呼び名=トニー(笑)が定着した頃かもしれません。
WIKIを見たら、Birth name: Anthony Tillmon Williams となってました。
Tony Williams は通称、略称又は芸名・・・ということになるのでしょうか。Tony は呼び易いし、そっちが良かったのかな。

ひゃらり~さま 当り 禁断のレコ-ドジャケット! 古いスケジュール表はもうなくて(笑)

ホテルの庭で真夏でしょ、内部でインクが膨張してたんでしょうね、ドバッーでしたよbearing

インク、がんばって落としたか、気にせずにそのままで演奏したか、あるいは案外簡単に落ちたのか、
その後トニ-に訊くこともできず、真相は闇の中です。。think

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« <続> マレット♪ | トップページ | Anthony Williams ! »

★ライブの予定

  • ☆ライブ予定
    ☆10月28日(土)11時~国分寺市民音楽祭 西国分寺いずみホール エスニック・キッチン  ☆10月28日(土)神楽坂Mash Records 13:30~ 1,000円。Silent Storms(15:45~30分間)
無料ブログはココログ

最近のトラックバック