70年代ジャズ喫茶のマッチ箱

  • Byg_20170811
    ジャズ喫茶ではないものや80年以降なども混ざっていますが、ご容赦ください。

70~80年代のジャズコンサートのチケット

  • Yamashita_yosuke_montreux_afterglow_1976
    1970年代~80年代中頃のジャズ、フュージョンのコンサートのチケットです。

70年代~80年代初頭のロックコンサートのチケット

  • Led_zeppelin_1972_1003
    1970年代~80年代初頭のロックコンサートのチケットです。 説明文に間違いがあったらご容赦ください。

JAZZ CLUB タローの1974-1977 ライブ・スケジュール表

  • Jazz_club_taro_1977_03
    昔、新宿歌舞伎町にあったJAZZ CLUB タローの1974-1977 ライブ・スケジュール表です。1975年のみコンプリートです。

JAZZ CLUB PIT-INNの1974-1977 ライブ・スケジュール表

  • Pitinn_1977_02
    JAZZ CLUB PIT-INNの1974-1977 ライブ・スケジュール表です。どの年もコンプリートではありませんが。

70年代中央線沿いライブハウスのスケジュール表

  • Aketa_1977_01
    70年代半ば、中央線沿いライブハウスのスケジュール表です。少しだけですが。
2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

トップページ | 2009年5月 »

2009年4月

70年代頃のジャズというタイトル

をつけちゃって始めては見たけれど、マッチ箱とチケットを展示して、ほぼ目的を達成しているような感じもしてしまっており、おまけに日記は書かない習慣が根付いてしまっていたから、何を書こうかと困ったりしてまんねんcoldsweats01

ジャズは好きだけれど、ジャズファンですなどと言うと、お叱りを受けそうな気もする。ただ、ジャズと親密な関係だった当時(いつごろなのか、ちゃんと定義していないけれど、笑)、ライブやコンサートに行った数はけっこうなものだったと思う。

やはり、レコードでしか聴けなかった外国のミュージシャンや、現在進行形の日本のジャズを生で見られるというのが、コンサートやライブハウスに足を向かわせる要因だったか。

今や、YOUTUBEなどで当時の映像さえ見ることができる便利な時代となっている。しかもこれらは繰り返し見られる。きっともう見ることが出来ないと思っていた様々なミュージシャンが。

でも、ライブって、その時、その空間にいるっていうのがいいんだよね。 ライブに行く回数もめっきり減ってしまった。 もっと行かなきゃ(笑)。

あ、そういえば、当時のチラシなどは、まだアップしてなかったっけ。。どんなのがあるのか確かめてみて、またアップしますぅnote

ジャズ喫茶での会話

当時のジャズ喫茶にも色々あったけれど、一般に、多くは、会話(おしゃべり)は慎むというのが暗黙の了解としてあった。会話はご遠慮ください、の旨の表示が掲げてある店もあった。店側にも、ジャズを聴いてもらう、というポリシーがあった。

おとなしく本を読んだり、静かにジャズに耳を傾ける、というのがノーマル。一人で入店するのは極めて当たり前。数人で入店し、あるいはカップルで入店し、おしゃべりでも始めようものなら、いっせいに非難の視線が注がれることになる。それを無視しておしゃべりを続ければ、他のお客さんや店の人に注意を受けることになる。クラッシック喫茶も同様だったか。友人と話すにしてもせいぜい二言三言。会話のない喫茶店。

当時は、そんな空間を求めて人々が集まっていた。会話は不要だった。一心不乱に一音も逃すまいとジャズと対峙するストイックでラジカルな姿があった。ジャズを媒介とする連帯感があった。

未だ若造だった頃。マスターは勿論、お客さんもみな年上だった。そこでジャズに向き合っている人が大人に見えた。少し仲間入りした気分になった。どの店も暖かく迎えてくれた。

あの時代が戻ることはない。が、あのジャズ喫茶の世界は今でも自分の中で甦ってくれる。 ああ、ちょっち気取って、センチだなあ(笑)。

バンドおやじ

学生の頃は、勉学にいそしむことなく、バンド活動(ドラム)に明け暮れていたか。社会人になっても、ちょこちょこやったけれど、継続していたわけではなく、中断していた期間は長い。よって、技術的に進歩せず、へたっぴいcoldsweats01

が、また今、バンド(アコースティックなアンサンブル)でドラムもどきを叩いている。なかなか思うように叩けず、満足できる演奏などできない、アセアセ。けれど、決まったお手本がないので、こう叩いてみようとか、それなりに試行錯誤を重ね、楽しんでいる。バンドは楽しいっスwink

ジャズ喫茶とコーヒー

ジャズ喫茶にコーヒーは付き物だ。慣れてくると、寒い冬には堂々とホットミルクなどを注文することもあったが、邪道か(笑)。

コーヒーの味を覚えたのは多分にジャズ喫茶の影響が大きいと思うけれど、どこの店のコーヒーが美味しいとか、不味いとかまったく覚えていない。ジャズ喫茶のコーヒーこそ本物で、コーヒーとはどろどろしたものと思いこんでもいた(笑)。

まあ、コーヒーの味はどうでもよかった。ジャズを聴くために入店するのであって、コーヒーはオマケだった。冷めても全然かまいはしない。2時間くらいかけて1杯のコーヒーが丁度なくなるような飲み方をしたりするわけだし(笑)。

そのかわりに水はよく飲むことになり、何回も注いでもらう。すると、トイレにも数回は立つことになる(笑)。あんまり頻繁に立つのもかっこ悪いし、もう少しと我慢していると人に入られたりしてしまうから、そのタイミングはなかなか難しい。トイレから戻る時は、かかっているレコードのジャケットを手に取り、曲やパーソネルなどを確認したりする。次にかかるレコードも確認する。

トイレといえば、ジャズ喫茶のトイレ!! どこだったか過激な落書きがあったり、忘れてしまったが、落書き鑑賞も楽しい一時だった。

70年代~80年代初頭のロックコンサートのチケット

70年代~80年代初頭のロックコンサートのチケットをアップしましたnote

やはり初期の頃の方が強く印象に残ってます。

これでコンサートのチケットの画像アップは一応完了だあ。

1970年代~80年代中頃のジャズ、フュージョンのコンサートのチケット

1970年代~80年代中頃のジャズ、フュージョンのコンサートのチケットをアップしましたnote  ふぅ~coldsweats02 コンサートと呼べないのも混ざってるかもしれませんが、ご容赦ください。

1980年代中頃からコンピュータ印字のチケットに移行してるようで、ちょっと味気なくなってしまったので、それ以前のものをアップしました。

さすが約30年も前のこと、殆ど忘れてるのがけっこうあります。趣向をこらしたデザインのものもありますね。

チケットって、当然、月日の記載はありますが、年代が書いてないのがけっこうあって、果たして何年だったのか、調べたり。曜日が書いてあれば大体年はわかるんですよね。曜日が書いてないのは、よくわからないのもあったり。もしかしたら、年代の違っているのがあるかもしれませんが、ご容赦くださいm(_ _)m

マッチ箱、説明になってないかもしれない説明文、少しづつ入れていきます。

70年代ジャズ喫茶のマッチ箱 02 完成

ご訪問くださった方、コメントをくださった方、誠にありがとうございますnotes

今日、16個ほど追加しました。もう持ってるものはないはず。よって、これで一応完成です。案外あっけなく終わってしまいましたあwink

ボチボチと、思い出せることなど、コメントを入れたりしていきましょか。

あと、やはり主として70年代のコンサートのチケットやライブハウスのスケジュール表などもアップする予定です。珍しいものがあるかもsign02

70年代ジャズ喫茶のマッチ箱

とりあえず画像だけのアルバムを作りました。捨てずにとってあった思い出のものです。ジャズ喫茶ではないお店も入ってますが、ご容赦ください。よく覚えていないお店もあります。徐々にコメントを加えていければ、と思ってます。サムネイル画像がきちんと縮小されてないのがあって、ちょっと気になりますが、、ま、いいか。

とりあえず作ってみました。

ボチボチいきます。

トップページ | 2009年5月 »

★ライブの予定

  • ☆ライブ予定
    ☆10月28日(土)11時~国分寺市民音楽祭 西国分寺いずみホール エスニック・キッチン  ☆10月28日(土)神楽坂Mash Records 13:30~ 1,000円。Silent Storms(15:45~30分間)
無料ブログはココログ

最近のトラックバック