70年代ジャズ喫茶のマッチ箱

  • Byg_20170811
    ジャズ喫茶ではないものや80年以降なども混ざっていますが、ご容赦ください。

70~80年代のジャズコンサートのチケット

  • Yamashita_yosuke_montreux_afterglow_1976
    1970年代~80年代中頃のジャズ、フュージョンのコンサートのチケットです。

70年代~80年代初頭のロックコンサートのチケット

  • Led_zeppelin_1972_1003
    1970年代~80年代初頭のロックコンサートのチケットです。 説明文に間違いがあったらご容赦ください。

JAZZ CLUB タローの1974-1977 ライブ・スケジュール表

  • Jazz_club_taro_1977_03
    昔、新宿歌舞伎町にあったJAZZ CLUB タローの1974-1977 ライブ・スケジュール表です。1975年のみコンプリートです。

JAZZ CLUB PIT-INNの1974-1977 ライブ・スケジュール表

  • Pitinn_1977_02
    JAZZ CLUB PIT-INNの1974-1977 ライブ・スケジュール表です。どの年もコンプリートではありませんが。

70年代中央線沿いライブハウスのスケジュール表

  • Aketa_1977_01
    70年代半ば、中央線沿いライブハウスのスケジュール表です。少しだけですが。
2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

« 70年代ジャズ喫茶のマッチ箱 02 完成 | トップページ | 70年代~80年代初頭のロックコンサートのチケット »

1970年代~80年代中頃のジャズ、フュージョンのコンサートのチケット

1970年代~80年代中頃のジャズ、フュージョンのコンサートのチケットをアップしましたnote  ふぅ~coldsweats02 コンサートと呼べないのも混ざってるかもしれませんが、ご容赦ください。

1980年代中頃からコンピュータ印字のチケットに移行してるようで、ちょっと味気なくなってしまったので、それ以前のものをアップしました。

さすが約30年も前のこと、殆ど忘れてるのがけっこうあります。趣向をこらしたデザインのものもありますね。

チケットって、当然、月日の記載はありますが、年代が書いてないのがけっこうあって、果たして何年だったのか、調べたり。曜日が書いてあれば大体年はわかるんですよね。曜日が書いてないのは、よくわからないのもあったり。もしかしたら、年代の違っているのがあるかもしれませんが、ご容赦くださいm(_ _)m

マッチ箱、説明になってないかもしれない説明文、少しづつ入れていきます。

« 70年代ジャズ喫茶のマッチ箱 02 完成 | トップページ | 70年代~80年代初頭のロックコンサートのチケット »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コンサ-トチケット、凄い!
しかし、私がジャズ狂いをしたのは1980年代後半なので、見事に重なっていな~い!

あのころは、3~4年にわたって、年間100本のライブ・コンサ-トを見ていたのですが、チケットはもう、絵なんかないような活字印刷の味気ないものでした。
70年代のチケットがこんなに素敵だったとは!!
私がひところ追っかけをしていた向井滋春さんのもあるね。手書きみたいなやつ。

いやあ、ジャズに歴史ありだけど、ジャズとどうかかわったか、人に歴史ありだね。
こういうものを残してあったのはうらやましい。
1970年代のもので、残してあるものって、私はたぶん、写真以外は何もない。
履けなくなった27インチのジ-パンは、2~3年前に処分したっけなあ。

貴重なコレクションを、本当にありがとう。

ガハハ! 定食や酒だらけbottle
年間100本っていうのはスゴすぎeye
ワオ! 27インチのジーパンsign01 あっしも27インチ履いてましたあ。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 70年代ジャズ喫茶のマッチ箱 02 完成 | トップページ | 70年代~80年代初頭のロックコンサートのチケット »

★ライブの予定

  • ☆ライブ予定
    11月25日(土)16時半より  クマガイヨウコ手織り展「冬への贈りもの」   亞茶風見にて鎌倉、由比ヶガ浜にて演奏します  場所:ジャック&豆の木    鎌倉駅西口出て御成通り方面から徒歩6分  住所:鎌倉市由比ガ浜2丁目 4-39 松田屋本店ビル1F  入場無料です
無料ブログはココログ

最近のトラックバック